アイフォン6s 使い方

アイフォン6s 使い方、【iPhone 6s/6s Plus】主な新機能の使い方 iPhone

スポンサーリンクここでは『iPhone 6s/6s Plus』の主な新機能の使い方を紹介しています。スポンサーリンクiPhone 12/12 Proの予約がオンラインショップで開始Twitterで更新情報を配信しています。

スポンサーリンクスポンサーリンクiPhone 12/12 Proの予約がオンラインショップで開始Twitterで更新情報を配信しています。

DVDでわかる50代からのiPhone (メディアックスMOOK) iPhone SEから最新機種のiPhone 11シリーズまで、現行機種すべてに完全対応! 「見て」「読んで」学ぶ大人のiPhone入門書。 手とり足とり丁寧に教えてくれるのはグラビアアイドルの横山みうちゃん。 本誌ではiPhoneの基本的な使い方を解説しています。付録DVDではみうちゃんの手ほど きで、基本操作からLI。

初心者のためのiPhone講座は、始めてiPhoneを買った、iPhoneを使ってはいるけれど、使い方が良く分からない、といった方のために作ったサイトです。iPhoneをはじめApple社の製品にマニュアルは一切付属されていません。iPhoneの解説本などを買ってみても、どこをどう読めば良いか分からない、と思う方は多いと思います。iPhoneの使い方は簡単であり、難しくもあると言えます。つまり、基。

iPhone 6sで搭載された3D Touch。Live Photoで撮影した写真を見るときだけしか使っていない人も多いかもしれませんが、意外と対応しているアプリは多く、知っておくと便利な使い方も。そこで、3D Touch機能の超便利な使い方10選と主なアプリの3D Touch機能を紹介しましょう。あなたはいくつ知っているかな?まずは3D Touchの基本的な操作方法から紹介しましょう。画面を指で。

最新モデルiPhone 6s/6s PlusにはiOS 9が搭載され、旧モデルのiPhoneへもアップデートが提供されました。iOS 9をベースに、使いはじめにこれだけは押さえたい設定や使い方、またiPhone利用中によく直面する問題の対処法などを紹介します。「iPhoneの使い方 完全活用ガイド」を新たに作成・公開しています。カテゴリごとに情報をまとめているので参考にしてみてください。初期設定時。

全面ディスプレイや顔認証などの機能で注目を浴びた「iPhone X」や同時期に発売された「iPhone 8」。どちらも大人気の機種ですね。 さらに昨年は「iPhone XR」や「iPhone XS」などの最新機種が発売されました。 そんな今だからこそ、iPhoneを初めて使われる方や端末代を節約したい方にオススメしたいのが、iPhone 6sです。 「何を今さら……」という声も聞こえてきそ。

 iOS 14では、ウィジェットをホーム画面に配置することが可能になった。ウィジェットとは、スケジュールや天気予報、ニュースといった簡単な情報をミニサイズで表示する機能だ。  iOS 13以前ではウィジェットはホーム画面の1ページ目のさらに前のページ(Todayとか今日とか呼ばれる画面)で利用できたが、これがホーム画面のどこにでも、アプリアイコンに混じって配置できるようになった。Android。

iPhone 11シリーズが発売され、「3D Touchが廃止された」というニュースに驚いた人もいるだろう。代替の機能として登場したのがiOS 13の「触覚タッチ」(iOS 12以前はHaptic Touch/ハプティックタッチと呼ばれていた)だ。これはどんなもので、どういった場面で使えるのか? なにが3D Touchと違うのか。この記事では、「触覚タッチ」の概要説明を中心に、使い方まで解説する。。

SIMフリーモデルの iPhone6s / iPhone6s Plus の初期設定方法を紹介します。こちらも合わせてご覧ください。SIMフリーモデル iPhone の初期設定には SIMカードが必要です。SIMカードを用意しましょう。こちらを参考にしてください。SIMカードを iPhone に挿入せずに設定しようとすると次のように怒られます。こちらを参考にしてください。さて、準備ができたら iPh。

 iPhone 6/6 Plusにまず入れたい定番アプリを一挙ご紹介します。今回紹介するのはすべて無料アプリなので、とにかく片っ端からダウンロードしちゃいましょう!。

LivePhotos(ライブフォト)というのは、iPhone 6sシリーズ以降の機種に搭載された3D Touchを活用した機能のひとつで、撮影した写真をプレスするとシャッターボタンを押す前後1.5秒ずつ、合計して3秒の映像と音声が動画として再生される機能です。静止画としての写真に上記のような効果が加わることで短時間ながらも動きのある、より臨場感のある写真を楽しむことが出来るわけです。また、写真アプ。

今では多くの人が手にしているiPhone、その中にはアプリとして入ってはいるけれど普段使いする中ではあまり使っていないアプリも多いのではないでしょうか。特によく聞くのは「入ってはいるけどiPhoneの標準アプリはなかなか使わない」、と言う声ですね。最近ではコントロールセンターから標準アプリのライト・タイマー・電卓・カメラを呼び出せるようになったりと、少しずつ日の目を見るようになったアプリもあります。

菅野 辰則 「iPhoneに搭載されているNFCって何に使うんだろう」「NFCは知っているけどiPhoneでNFCタグって使えるのだろうか」とNFCについて疑問を持っている方に向けて、iPhoneでのNFCの使い方について説明していきます。ひとえにNFCといっても、iPhoneで使用する場合、端末やiOS次第でできることとできない。

iPhoneの画面の上部分にある「ステータスバー」と、下から上にスワイプして現れる「コントロールセンター」に表示されている「アイコン」の意味や機能。そして、実際にこれらの機能の使い方についてまとめました。iPhone上部のステータスバー(赤枠部分)に表示されている「ステータスアイコン」の一覧と、それぞれの意味は次のようになっています。なお、アイコンによるWi-FiのOFFは一時的なもの。完全にOF。

iPhoneをICレコーダーとして活用できる、Apple純正の『ボイスメモ』アプリ。会議の議事録やアイデアの記録など使い道は幅広いです。筆者もインタビュー記事を書くときに活用したり、音声日記をつけたりと重宝しており手放せません。 この記事では基本の使い方の流れから、よくある疑問や注意点、意外と知らない活用術まで徹底解説。ボイスメモを活用して、仕事もプライベートももっと効率化しましょう。Amazon。

この記事では、Zoomというとても便利なオンライン会議システムをiPhoneにインストールする方法、簡単な操作方法をご説明します。androidアプリもリリースされており、どちらも使い方は基本的に同じです。スマホ1台・電波さえあれば、どこにいてもオンライン会議を開催することができますよ!【ブログ集客コンサルタント 中村和幸がこの記事を書いています。】apple storeにアクセスし、「Zoom」。

特に、4K動画撮影やLivePhotoなどのカメラの新機能も追加があったiPhone6s/iPhone6s Plus。容量は大きいに越したことないけど、費用と容量を天秤にかけると、どの容量にすべきか悩ましいところ。Appleの公式サイトでiPhone6/iPhone6 Plusの性能を確認しても、自分に最適な容量なんて教えてくれません。そこで今回は、iPhone6sの容量でお悩みの方のために、賢い。

「Google レンズ」とは、AIを活用した画像検索サービスです。一枚の写真から、その中に写っているものの情報を認識して、被写体の画像検索やテキスト情報の読み込みが行えます。Google開発の機能ですがAndroidだけでなくiPhoneでも使え、その用途もさまざまです。この記事でわかることは以下の3点です。 1.「Google レンズ」とは何か 2.iPhoneでの使用方法 3.おすすめの便利な。

iPhone6s以降のカメラ機能に搭載されている「Live Photos(ライブフォト)」という機能を知っていますか? 「Live Photos」とは、シャッターの前後1.5秒ずつの動きと音声を含めた「動く写真」を作ってくれる機能です。初めて知った人やなんとなく知ってはいたけど使ったことがないという人のためにも、今回は「Live Photos」の機能や楽しみ方、SNSへの投稿方法について紹介しま。

iPhone 11、11 Pro、11Pro Max、XS、XS Max、XR、X、8、8 Plus、7、7 Plus、6s、6s Plus、SE docomo、au、SoftBank、SIMフリー完全対応です。2020年発売のiPhone SEをはじめとしたホームボタン搭載モデルにも対応します。 iPhoneをはじめて手にした人から、しばらく使っているものの いまひとつ使いこなせていないといっ。

【iPhone 6s/6s Plus】主な新機能の使い方 iPhone

スポンサーリンクここでは『iPhone 6s/6s Plus』の主な新機能の使い方を紹介しています。スポンサーリンクiPhone 12/12 Proの予約がオンラインショップで開始Twitterで更新情報を配信しています……

iPhone(アイフォン)の使い方解説一覧 iPhone

スポンサーリンクスポンサーリンクiPhone 12/12 Proの予約がオンラインショップで開始Twitterで更新情報を配信しています……

iPhone 6s / 6s Plus(第9世代アイフォーン)の説明と仕様

DVDでわかる50代からのiPhone (メディアックスMOOK) iPhone SEから最新機種のiPhone 11シリーズまで、現行機種すべてに完全対応! 「見て」「読んで」学ぶ大人のiPhone入門書。 手とり足とり丁寧に教えてくれるのはグラビアアイドルの横山みうちゃん。 本誌ではiPhoneの基本的な使い方を解説しています。付録DVDではみうちゃんの手ほど きで、基本操作からLINEの始め方まで、映像でわかりやすく解説しています。 iPhone迷わず使える操作ガイド(超初心者向け/2020年最新版/幅広い機種に対応) はじめて手にしたiPhone。 何をどうしたらいいのかわからない…。 そんな人に向けた超初心者向け入門ガイドです。 詳しく丁寧な解説で、iPhoneの基本操作が簡単に身につきます。 また、知りたい操作法を辞典のようにすぐに探せる構成で、 手……

初心者のためのiPhone講座

初心者のためのiPhone講座は、始めてiPhoneを買った、iPhoneを使ってはいるけれど、使い方が良く分からない、といった方のために作ったサイトです。iPhoneをはじめApple社の製品にマニュアルは一切付属されていません。iPhoneの解説本などを買ってみても、どこをどう読めば良いか分からない、と思う方は多いと思います。iPhoneの使い方は簡単であり、難しくもあると言えます。つまり、基本操作だけ覚えるのであれば比較的簡単ですし、様々な機能をマスターする事は難しいと言えます。当サイトでは、基本的には、簡単な使い方に重点をおいて説明しています。難しい用語も極力抑えているつもりです。しかし、iPhoneを含めスマートフォンは、携帯(ガラケー)の延長では無く、パソコンに近いと考える方が、iPhoneの使い方を理解しやすいと思います。iPhoneには標準アプリに加え、有料無料の様々なアプ……

iPhone 6sの3D

iPhone 6sで搭載された3D Touch。Live Photoで撮影した写真を見るときだけしか使っていない人も多いかもしれませんが、意外と対応しているアプリは多く、知っておくと便利な使い方も。そこで、3D Touch機能の超便利な使い方10選と主なアプリの3D Touch機能を紹介しましょう。あなたはいくつ知っているかな?まずは3D Touchの基本的な操作方法から紹介しましょう。画面を指で押しこむように力を加えると、力加減によって反応してくれます。動作的には2段階あり、押し込んでいくと小窓として表示される状態がPeak、更に押しこむと全画面表示になるのがPopと呼ばれています。それぞれクリック感が得られるので押し加減はわかるはずです。Peakになるまで押しこめば、その後の操作は力を抜いて構いません。つい力を入れたまま操作してしまいがちですが、力を入れたままだと操作しづらいと思います……

iPhoneの始め方ガイド──これだけは押さえたい設定からiOS 9の新機能、困った時の対処法まで

最新モデルiPhone 6s/6s PlusにはiOS 9が搭載され、旧モデルのiPhoneへもアップデートが提供されました。iOS 9をベースに、使いはじめにこれだけは押さえたい設定や使い方、またiPhone利用中によく直面する問題の対処法などを紹介します。「iPhoneの使い方 完全活用ガイド」を新たに作成・公開しています。カテゴリごとに情報をまとめているので参考にしてみてください。初期設定時をはじめ、できるだけ早い段階で設定しておきたいのは、細かな便利設定よりもセキュリティ面でしょう。iCloudや指紋認証、パスコード、ロック時間の設定など、安全にiPhoneを使うための重要ポイントをまとめました。iCloudは、アップルが提供しているクラウドサービスです。バックアップをとったり「iPhoneを探す」など、緊急時に不可欠なサービスが含まれています。最初に必ず設定しておきましょう。iC……

iPhone 6sレビュー iPhone 8と比較して6sで十分かもと思った理由

全面ディスプレイや顔認証などの機能で注目を浴びた「iPhone X」や同時期に発売された「iPhone 8」。どちらも大人気の機種ですね。 さらに昨年は「iPhone XR」や「iPhone XS」などの最新機種が発売されました。 そんな今だからこそ、iPhoneを初めて使われる方や端末代を節約したい方にオススメしたいのが、iPhone 6sです。 「何を今さら……」という声も聞こえてきそうですが、自分のスマホの使い方にあわせて機種を選べば、iPhoneがとってもおトクに利用できるんです! 今回はiPhone 6sとiPhone 8を比較しながら、iPhone 6sの魅力をご紹介しますので、どちらの機種が自分の使い方に合っているか、ぜひ比べてみてくださいね。 iPhone 8とiPhone 6sにどのような違いがあるのか、まずはスペックを比較してみましょう。 iPhone 8……

iPhoneをもっと便利に! iOS 14の新機能「ウィジェット」の使い方

 iOS 14では、ウィジェットをホーム画面に配置することが可能になった。ウィジェットとは、スケジュールや天気予報、ニュースといった簡単な情報をミニサイズで表示する機能だ。  iOS 13以前ではウィジェットはホーム画面の1ページ目のさらに前のページ(Todayとか今日とか呼ばれる画面)で利用できたが、これがホーム画面のどこにでも、アプリアイコンに混じって配置できるようになった。Androidでは以前から搭載されており、ようやくiOSが追いついた形でもある。  iOS 14により、iPhoneでのウィジェットの利便性は一気に向上している。iOS 14ではウィジェットを使わないのはもったいないのだ。  とくにウィジェットの新機能である「スタック」と「Siriからの提案」は、是非とも活用したい便利な機能となっている。ここではこの「スタック」と「Siriからの提案」を中心に、ウィジェット……

iPhoneの『触覚タッチ(Haptic Touch)』とは? 3D Touchとの違いや便利な使い方 TIME&SPACE by

iPhone 11シリーズが発売され、「3D Touchが廃止された」というニュースに驚いた人もいるだろう。代替の機能として登場したのがiOS 13の「触覚タッチ」(iOS 12以前はHaptic Touch/ハプティックタッチと呼ばれていた)だ。これはどんなもので、どういった場面で使えるのか? なにが3D Touchと違うのか。この記事では、「触覚タッチ」の概要説明を中心に、使い方まで解説する。iPhone 11シリーズとXRに搭載されている「触覚タッチ」は、iPhoneの“画面を長押ししてサブメニューやプレビューなどを表示させる”機能のこと。サブメニューが表示される時にボタンを押したような反応があることから「触覚タッチ」と名付けられている。同様の機能としては6Sから搭載された「3D Touch」があった。しかし、画面からボタンを押したような反応を得るため、iPhoneのディスプレイに特……

iPhone6s / iPhone6s Plus

SIMフリーモデルの iPhone6s / iPhone6s Plus の初期設定方法を紹介します。こちらも合わせてご覧ください。SIMフリーモデル iPhone の初期設定には SIMカードが必要です。SIMカードを用意しましょう。こちらを参考にしてください。SIMカードを iPhone に挿入せずに設定しようとすると次のように怒られます。こちらを参考にしてください。さて、準備ができたら iPhone を初期設定しましょう。画面をスライドします。言語の設定です。「日本語」をタップします。国または地域の選択です。「日本語」をタップします。キーボードの設定です。必要なものにチェックを入れ/不要なものからチェックをはずし、「次へ」をタップします。Wi-Fiネットワークを選択します。「パスワード」を入力し、「接続」をタップします。位置情報サービスの設定です。「マップ」や「iPhoneを探す」など……

iPhone 6s/6s Plusを買ったらまずダウンロードしたい定番おすすめアプリ!オール無料!

 iPhone 6/6 Plusにまず入れたい定番アプリを一挙ご紹介します。今回紹介するのはすべて無料アプリなので、とにかく片っ端からダウンロードしちゃいましょう!……

iPhoneカメラのライブフォト&HDRとは?その使い方

LivePhotos(ライブフォト)というのは、iPhone 6sシリーズ以降の機種に搭載された3D Touchを活用した機能のひとつで、撮影した写真をプレスするとシャッターボタンを押す前後1.5秒ずつ、合計して3秒の映像と音声が動画として再生される機能です。静止画としての写真に上記のような効果が加わることで短時間ながらも動きのある、より臨場感のある写真を楽しむことが出来るわけです。また、写真アプリで編集を行うことも可能ですので、LivePhotosで撮影しておけば3秒間撮影された中からベストの静止画を選び出すことも出来ます。動物や赤ちゃんなどを撮影する際、シャッターを押した瞬間に目をつぶってしまっていたとしても、その前後で良い表情をしていればそちらを後から選択できます。LivePhoto機能がオンの状態で撮影した写真を「写真アプリ」で表示させ、写真上をプレスすると動き出します。下の2つの……

iPhoneのボイスレコーダー機能の使い方

今では多くの人が手にしているiPhone、その中にはアプリとして入ってはいるけれど普段使いする中ではあまり使っていないアプリも多いのではないでしょうか。特によく聞くのは「入ってはいるけどiPhoneの標準アプリはなかなか使わない」、と言う声ですね。最近ではコントロールセンターから標準アプリのライト・タイマー・電卓・カメラを呼び出せるようになったりと、少しずつ日の目を見るようになったアプリもありますが、今回は「ボイスメモ」の使い方を取り上げてみたいと思います!スポンサーリンク「ボイスメモ」とは、ボイスレコーダー機能がアプリになったもの。テレビや雑誌の取材記者がインタビューなどによく使われているものですが、皆様一度は耳にしたことや目にしたことはあるのではないでしょうか。さて、この「ボイスメモ」機能ですが、思いついたアイディアや、会議などの内容を音声として録音することが出来ます。また、ステレオマ……

iPhoneでのNFCペアリング方法・設定方法を解説 おすすめNFCタグ3選

菅野 辰則 「iPhoneに搭載されているNFCって何に使うんだろう」「NFCは知っているけどiPhoneでNFCタグって使えるのだろうか」とNFCについて疑問を持っている方に向けて、iPhoneでのNFCの使い方について説明していきます。ひとえにNFCといっても、iPhoneで使用する場合、端末やiOS次第でできることとできないことが出てきます。iPhoneでNFCの利用を考えている方に向けて、使用できる条件から使い方まで説明していきます。NFCの機能は、iPhone 6/6sから搭載されているのですが、機種によって搭載しているNFCの種類が異なるため、できることも変わってきます。NFCには、「TypeA」「TypeB」「FeliCa」の3種類あり、TypeAとTypeBはTASPOや運転免許証に利用され、FeliCaは……

iPhone「このアイコンの意味は?」全種類の意味と使い方 LOVE

iPhoneの画面の上部分にある「ステータスバー」と、下から上にスワイプして現れる「コントロールセンター」に表示されている「アイコン」の意味や機能。そして、実際にこれらの機能の使い方についてまとめました。iPhone上部のステータスバー(赤枠部分)に表示されている「ステータスアイコン」の一覧と、それぞれの意味は次のようになっています。なお、アイコンによるWi-FiのOFFは一時的なもの。完全にOFFにする方法は次の記事も参考に↓スポンサードサーチiPhoneの画面の右上あたりから下方向にスワイプして現れるのが「コントロールセンター」です。(旧操作ではiphoneの画面下から上方向にスワイプ)コントロールセンターの上半分のエリアは、デフォルト設定となっていて自分では操作内容を変更できない箇所。下半分のエリアは、自分で自由にアイコン内容を決めれるエリアになっています。上半分のデフォルトエリアと……

iPhone『ボイスメモ』徹底活用ガイド 意外と知らない便利な使い方をマスター! Appliv

iPhoneをICレコーダーとして活用できる、Apple純正の『ボイスメモ』アプリ。会議の議事録やアイデアの記録など使い道は幅広いです。筆者もインタビュー記事を書くときに活用したり、音声日記をつけたりと重宝しており手放せません。 この記事では基本の使い方の流れから、よくある疑問や注意点、意外と知らない活用術まで徹底解説。ボイスメモを活用して、仕事もプライベートももっと効率化しましょう。Amazonでのお買い物は、Amazonチャージを使うのがおすすめ!ワンクッション挟むだけで最大2.5%のAmazonポイントが還元されるので、ぜひ活用してみてください!『ボイスメモ』はiPhoneにデフォルトで入っているアプリですが、もし削除している場合はApp Storeから再入手しましょう。初回起動時には、位置情報の利用やiCloud同期オン・オフについて聞かれます。後から設定変更可能なので、気軽に選択……

Zoomのインストール方法~使い方 iphone編

この記事では、Zoomというとても便利なオンライン会議システムをiPhoneにインストールする方法、簡単な操作方法をご説明します。androidアプリもリリースされており、どちらも使い方は基本的に同じです。スマホ1台・電波さえあれば、どこにいてもオンライン会議を開催することができますよ!【ブログ集客コンサルタント 中村和幸がこの記事を書いています。】apple storeにアクセスし、「Zoom」と検索。ZOOM Cloud Meetings というアプリをダウンロードします。インストールが完了したら、アプリを立ち上げます。以前の記事でサインインしたアカウントで「サインアップ」します。(参加するだけでしたら、特に手続きは要りません)登録しているメールアドレス、パスワードを入力。あるいは、Google+か、facebookなどのアカウントでもサインインができます。カレンダーへのアクセスを許可……

iPhone6s/iPhone6s

特に、4K動画撮影やLivePhotoなどのカメラの新機能も追加があったiPhone6s/iPhone6s Plus。容量は大きいに越したことないけど、費用と容量を天秤にかけると、どの容量にすべきか悩ましいところ。Appleの公式サイトでiPhone6/iPhone6 Plusの性能を確認しても、自分に最適な容量なんて教えてくれません。そこで今回は、iPhone6sの容量でお悩みの方のために、賢い容量選びのコツを徹底解説します。(基本知識などはどうでもいいという方は、巻末に各容量(16GB・64GB・128GB)と向いている使い方の関係性を表にしてあります。時間がない方は最終章の【まとめ】をご覧ください。)iPhone7の容量に関しては、下記にまとめました。iPhone7では最低容量が32GBになるなど、iPhone6sからの変更点があるので、参考にしてくださいね。今回のiPhone6s/……

これでわかる!iPhoneでの「Googleレンズ」の使い方 株式会社キャパ

「Google レンズ」とは、AIを活用した画像検索サービスです。一枚の写真から、その中に写っているものの情報を認識して、被写体の画像検索やテキスト情報の読み込みが行えます。Google開発の機能ですがAndroidだけでなくiPhoneでも使え、その用途もさまざまです。この記事でわかることは以下の3点です。 1.「Google レンズ」とは何か 2.iPhoneでの使用方法 3.おすすめの便利な使い方▽Googleのスマホについてはこちらをどうぞ「Google レンズ」とは、自分で撮った写真や画像の“被写体”について画像から情報を調べることができる機能です。名前のわからない物について調べたいとき、検索するキーワードを必死に考えたりしなくても、その写真があればすぐに検索ができるのです。AIによる画像分析で、写っている場所、製品情報やテキストなどのさまざまな物を自動で認識してくれます。例えば……

意外と知らない!? 動く写真が撮れるiPhone「Live Photos(ライブフォト)」の使い方 PINTO

iPhone6s以降のカメラ機能に搭載されている「Live Photos(ライブフォト)」という機能を知っていますか? 「Live Photos」とは、シャッターの前後1.5秒ずつの動きと音声を含めた「動く写真」を作ってくれる機能です。初めて知った人やなんとなく知ってはいたけど使ったことがないという人のためにも、今回は「Live Photos」の機能や楽しみ方、SNSへの投稿方法について紹介します。Live Photosの特徴といえば、なんといってもシャッターボタンをタップする前後1.5秒ずつの動きと音声を記録できることです。 iPhone 6sから搭載された「3D Touch」と連動していて、Live Photosで撮影した写真を見るときには、指でぐっと押し込むことで写真が動き出してくれます。   Live Photosを使った写真撮影は簡単にできるので、さっそくiPhoneを持……

iPhone完全マニュアル2020(11/11 Pro/11 Pro Max/SE/XS/XS Max/XR/X/8/8 Plus/7/6sなどに対応) standards 本 通販

iPhone 11、11 Pro、11Pro Max、XS、XS Max、XR、X、8、8 Plus、7、7 Plus、6s、6s Plus、SE docomo、au、SoftBank、SIMフリー完全対応です。2020年発売のiPhone SEをはじめとしたホームボタン搭載モデルにも対応します。 iPhoneをはじめて手にした人から、しばらく使っているものの いまひとつ使いこなせていないといったユーザーにもおすすめです。 初期設定や文字入力、ホーム画面の基本操作、Safariやメールなどの標準アプリの操作はもちろん 意外と知らないiOSの便利な機能や使いこなしのコツ&ヒント より快適な操作法や活用テクニック、セキュリティ トラブル解決まで、この1冊にぎっしりオールインワン! ◎Section 01 iPhoneスタートガイド タッチパネル操作やホーム画面の操作、初期設定、文字入力といっ……

平均ユーザー評価

4.5 / 5

カテゴリ