アイフォン6s 不具合

アイフォン6s 不具合、iPhone6sで起こる不具合にはどんなものがある?修理の方法とは

2015年9月に発売されたiPhone6sは、初代であるiPhoneが発売されて、8年目のシーズンを迎えました。第9世代の機種とあって、タッチ式のパネルの使い心地はさらに良くなりました。タップ・ロングタッチ・ドラッグ・フリック・ピンチなど、操作方法も広く浸透してきたのもこの時期ではないでしょうか。さらに使い勝手が良く、より高性能になったiPhone6sですが、精密機械があるがゆえの不具合にも悩まさ。

iPhone 6Sは、最も壊れやすいiPhoneであるという不名誉な呼ばれ方をしているのはご存じでしょうか?この証明となるのが、米国企業であるBlancco社が調査したiPhoneシリーズの故障率です。同社が調査したところによると、iPhone 6Sの故障率はほかのiPhoneシリーズと比べて最も高い29パーセント。次いでiPhone 6sの23パーセント、iPhone 6s plusの14パーセ。

クリティカルな不具合、でも対象は…少ないかも。製品の不具合を無償で修理するApple(アップル)の修理プログラムに、新たにiPhoneに向けたものが発表されました。不具合の内容は、特定のiPhone 6s や iPhone 6s Plusで電源が入らなくなる可能性があるようです。この影響が確認されているのは、2018年10月から2019年8月までの間に製造され、シリアル番号が特定の範囲内にあるデバ。

 Appleが、一部のコンポーネントの故障により、特定のiPhone 6sやiPhone 6s Plusの電源が入らなくなる可能性があることが判明したとして「iPhone 6s や iPhone 6s Plus の電源が入らない問題に対する修理プログラム」の提供を開始している。 この問題の影響が確認されているのは、2018年10月から2019年8月までに製造され、シリアル番号が特定の範囲内にあるデ。

本日Appleが、「iPhone 6s や iPhone 6s Plus の電源が入らない問題に対する修理プログラム」を開始することを発表しました。この問題は、一部のコンポーネントの故障により、特定の「iPhone 6s」や「iPhone 6s Plus」の電源が入らなくなる可能性があるというもの。この問題の影響が確認されているのは、2018年10月から2019年8月までの間に製造され、シリアル番。

最後にリンゴループと呼ばれるiOSのバージョンアップをした時に不具合が起こり、永遠にリンゴマークのループを繰り返していつまでもバージョンアップが終了しない症状になります。 当然リンゴループが繰り返し表示されるだけなので、使用する事も出来ずiPhone 6s/6s Plusが起動できないことです。 このリンゴループはいつどこで発生するかわからないので、バージョンアップが。

2015年9月に発売の「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」利用されている方の中には、4年以上使われている方も少なくないでしょう。長期間ひとつの機種を使っていれば、内蔵されているバッテリーも劣化して、電池持ちが悪くなってきたり、他にも様々な不具合が起きることもあります。ただ、iPhone 6sの【電池持ちが悪くなる原因】は単に経年劣化によりバッテリーが弱ってくることの他にも原因は。

アップルが特定のiPhone 6sやiPhone 6s Plusにつき、一部のコンポーネントの故障により電源が入らなくなる問題があるとして、無償修理プログラムを発表しました。この問題が確認されているのは、2018年10 月から2019年8月までの間に製造され、シリアル番号が特定の範囲内にあるデバイスのみとのことです。お使いのiPhone 6sやiPhone 6s Plusにこの問題が起きたことがあ。

などが発生していますので、アップデートの際はご注意下さい。またiPadOS14.2を搭載したiPad Pro(2018)も影響を受けているようです。iPhoneのバッテリー消費が早くなってしまった場合、次の3つの対処方法がおすすめです。詳しい内容と対処法はこちらの記事をご確認ください。バッテリーの減り早すぎない⁉️不具合でなければ、その後、数日以内に正常な状態に戻るので少しのあいだ様子をみてくださ。

公開日時 : 2020-12-03 10:49 更新日時 : 2020-12-03 11:08 2020年9月に、iOSの最新バージョン、iOS14が配信されました。iOSのアップデートは新機能の追加が目玉です。iOS14でも、さまざまな新機能が追加されています。 早くAppleのつくったiOSの新機能を試したいところですが、怖いのが、iOSのアップデートによる不。

最近利用したアプリケーションが iPhone(iPad)の内部(画面上に表示されていない状態)で作動していることがあります。マルチタスクの削除は iPhone(iPad)の内部で作動しているアプリケーションを停止し、iPhone(iPad)の動きを軽くする効果があります。この操作で症状が改善されない場合は、「再起動(電源オフ・オン)」へ進んでください。。

iPhoneの調子が悪いけど、原因が分からないことってありますよね。原因が分からないと解決策も分からず、困ってしまうのではないでしょうか。そこでこのコラムでは、よくあるiPhoneの不具合とその解決策についてご紹介します。iPhoneでよく起こる不具合の事例を知ることで、自分のiPhoneの症状が見つかるかもしれません。ぜひ、最後まで読んでみてください。iPhoneの調子が悪いのは、何が原因なので。

iPhone6Sのごく一部の製品でバッテリーの不具合が報告されています。 突然電源が落ちる(シャットダウン)ということがあるそうです。バッテリーの交換かiosの更新で改善が見込めるとのことです。 しかし、不具合でなくてもiPhoneを始めスマートフォンは1年~2年でバッテリーの寿命が来てしまいます。 iPhone6Sも同様で、不具合でなくても使い続けることでバッテリーは消耗して行ってしまいます。 。

iPhoneを使用しているときに、急に動かなくなることがあります。信頼性の高いスマートフォンですが、故障なども発生する可能性はゼロではないため、動かなくなることもあるのです。もし急に動かなくなった場合、まずは慌てずに確認したい項目があります。ここでは、iPhoneが故障したかも?と思った時に確認したい項目や、対処法を紹介します。iPhoneに動作不良が認められた場合、スペック以上の処理を行おうとし。

現在iPhoneはiOS14.4にアップデートされています。iOS14.4は最新バージョンなのですがiOS14.4になったことで生じる不具合が報告されています。そこでiOS14.4で報告されている不具合とその対処法をご紹介します。ではiOS14.4で報告されている不具合を見ていきます。iOS14.4で報告されている不具合には数々あるので1つ1つ見ていきましょう。まずはバッテリー消費が激しいです。こ。

本記事ではiOS 14/iOS 14.1にアップデート中/後、不具合・バグ・エラーや、その対処法をまとめて紹介していきます。いよいよ、今秋に正式リリースが予定されているiOS 14/iOS 14.1が公開されました。iOS 14に興味を持っているiPhoneユーザーたちはもうダウンロードしましたか?iOS 14・iPadOS 14に、どんな新機能が搭載されているか楽しみにしている方もいて、iOS 。

以前より、特定のiPhone 6s、iPhone 6s Plusについて、電源が入らなくなったり端末が高温に発熱したりするなどの問題が多くのユーザーに確認されています。この問題を受けて、Appleでは2019年10月から特別な修理プログラムが実施されており、プログラム対象の端末であれば無償交換してもらえる可能性があります。こちらでは、iPhone 6s、iPhone 6s Plusで発生することの。

ダイワンテレコム各店では、iPhone 6s Plusの修理を行っています。 画面割れなら30分~、バッテリー交換は15分~と非常に短い時間で修理を行っています。端末内部のデータは一切触らない為、修理後もデータは残ったままです。Appleストアでの修理とは異なり、修理前に本体データの初期化は必須ではありません。 Apple正規店とダイワンでは、iPhone。

iPhoneの電源がいきなり入らなくなる(つかない)と電話がかけられない&電話に出ることができないネットも出来ない、LINEも出来ないととても不便でお困りだと思います。などが想定されます。電源が入らないiPhoneの対処法で改善ができない場合は、iPhoneの修理が必要になりますので、という流れになってきます。当サイトと似た文章構成を書くメディアは実務経験のない無資格者が執筆したパクリサイトです。。

皆様こんにちは!iPhone(アイフォン),Android(Xperia,Galaxy,Huwai),3DS,New3DS,Swich,PSP修理店のスマホスピタル大宮店です!最近iPhoneをいじっていたら新しくiosのアップデートがリリースのお知らせがきました!ios13.5.1と呼ばれますが 前回リリースされたios13.5と比べるとマイナーバージョンアップになりそうですね、どのような機能。

あるとき急にiPhoneが充電されなくなってしまった、という経験はないでしょうか。 故障してしまったのかもしれないと焦りますが、ちょっとした手違いで充電ができていないケースも少なくありません。本記事では、考えられる10個の「iPhoneが充電できない」原因を列挙しながら、試してみたい具体的な対処法を紹介します。一時的な不具合はPCなどでも時折発生するので、再起動で改善されることがあるのはご存知かも。

2015年9月9日に発表されたiPhone6s(アイフォン6s)は、外観的には大きな変化はありませんでしたが、新たに3D Touch機能やLive Photo機能が搭載されました。iPhone6s(アイフォン6s)の故障でお困りの方は、アイフォンクリアまでお気軽にご相談くださいませ。今までのiPhone(アイフォン)は、ホワイト、ブラック、ゴールド、グレーなどシンプルな色がメインでしたが、iPho。

iPhone利用中に突然動かなくなることがあります。故障を真っ先に疑いたくなりますが、バグが起こっている可能性も否定できません。突然iPhoneが動かなくなる原因を知り適切に対処するための方法を説明します。iPhoneが突然動かなくなる原因には様々なものがあります。iPhone本体に不具合が起こっている場合だけではなく、システムの問題の可能性もありますし、盲点としては保護フィルムなどが原因で動かな。

Appleは2016年のiPhone 7からホームボタンを廃止し、静電容量変化を捉えるタッチパネルを採用しました。このホームボタンはソフトウェアに依存するため、スクリーンショットの撮影などには使えなくなりました。また、iPhone Xシリーズから、ボタンの構成がさらに変わり、人々を困惑させています。ですので、新しいiPhoneを買ったばかりの人は、リカバリーモードに入る方法がわからないかもしれませ。

iPhoneの調子がおかしいとき、皆さんはどうしていますか?ネットで対処法を検索する、iPhoneに詳しい友人知人に相談する、Appleのジーニアスバーに持っていく、など色々な対処法があると思います。 でも、調子がおかしいとき、まず試してみてほしいのがAppleの「iOS診断」。Appleのサイトにアクセスし、質問に答えていくと、考えられる問題点や対処法を診断してくれるんです。 ワタシのiPhon。

2019年に発売されたiPhoneのモデルです。 iPhoneⅩSMaxと同じように見えますが、実際は僅かに大きくなっています。2019年に発売されたiPhoneのモデルでiPhoneⅩSの後継機種になります。 背面のトリプルカメラがタピオカみたいと話題になりました。2019年に発売されたiPhoneのモデルでiPhoneⅩRの後継機種になります。 背面の。

最終更新 [2020年12月15日] 2020年12月15日(日本時間)に「iOS 14.3」がリリースされました。 12月5日にiOS 14.3の配信が開始されています。 1つ前のiOS 14.2から1ヵ月ちょっとでの配信となります。 このアップデートには、Apple Fitness+対応やiPhone 12 ProのApple ProRAW撮影対応、さらに超高額でも話題となったワイヤレス・オー。

AppleがiPhoneなどiOSデバイス向けに、ソフトウェア自動アップデート機能に自動ダウンロードと自動インストールのオプション追加などを含む、iOS13.6アップデートをリリースしました。今回リリースされたiOS13.6アップデートでは、iPhoneの設定→ソフトウェア・アップデートの自動アップデートが機能強化され、自動アップデートの方法を「iOSアップデートをダウンロード」と「iOSアップデ。

iPhone6sで起こる不具合にはどんなものがある?修理の方法とは

2015年9月に発売されたiPhone6sは、初代であるiPhoneが発売されて、8年目のシーズンを迎えました。第9世代の機種とあって、タッチ式のパネルの使い心地はさらに良くなりました。タップ・ロングタッチ・ドラッグ・フリック・ピンチなど、操作方法も広く浸透してきたのもこの時期ではないでしょうか。さらに使い勝手が良く、より高性能になったiPhone6sですが、精密機械があるがゆえの不具合にも悩まされる事になります。では、一般的にiPhone6sでよくみられる不具合の症状とは、いったいどのようなものがあるのでしょうか。不具合の症状を把握しておく事で、いざという時にも慌てなくて済みます。電源が突然切れるといった症状にも、いくつかの状況がみられ、一つは電源が完全に切れてしまい、全く動かなくなってしまった症状です。そしてもう一つの状況は、電源が突然切れたかと思ったら再度立ち上がり、Appleのロゴ……

iPhone 6Sが故障!起こり得る不具合と修理方法

iPhone 6Sは、最も壊れやすいiPhoneであるという不名誉な呼ばれ方をしているのはご存じでしょうか?この証明となるのが、米国企業であるBlancco社が調査したiPhoneシリーズの故障率です。同社が調査したところによると、iPhone 6Sの故障率はほかのiPhoneシリーズと比べて最も高い29パーセント。次いでiPhone 6sの23パーセント、iPhone 6s plusの14パーセントなどが挙がっており、この調査によって「iPhone 6s」は壊れやすいといわれるようになりました。つまり、たとえ新品であったとしても油断は禁物なのです。今回は、そのiPhone 6について起こり得る不具合や修理方法についてまとめましたので、参考にしてみてください。iPhone 6Sや6S Plus本体に起こる不具合については、さまざまなものがあります。まず、iPhoneシリーズ特有の本体の発熱……

最近「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」を買った人は要チェック。電源が入らなくなる不具合の修理プログラムがスタート

クリティカルな不具合、でも対象は…少ないかも。製品の不具合を無償で修理するApple(アップル)の修理プログラムに、新たにiPhoneに向けたものが発表されました。不具合の内容は、特定のiPhone 6s や iPhone 6s Plusで電源が入らなくなる可能性があるようです。この影響が確認されているのは、2018年10月から2019年8月までの間に製造され、シリアル番号が特定の範囲内にあるデバイスのみとのこと。僕も手持ちのiPhone 6s Plusを持っているので、確認してみたらプログラムの対象外でした。よくよく考えてみれば、iPhone 6sシリーズって発売日は2015年の9月ですし、対象の製造期間を考えると、1年以内にiPhone 6sを購入したユーザーということになります。ふむ……。不具合の深刻度は高いけど、対象ユーザーはそこまで多くはなさそうですね。でも、電源が入らなくなるっ……

Apple、iPhone 6s/6s

 Appleが、一部のコンポーネントの故障により、特定のiPhone 6sやiPhone 6s Plusの電源が入らなくなる可能性があることが判明したとして「iPhone 6s や iPhone 6s Plus の電源が入らない問題に対する修理プログラム」の提供を開始している。 この問題の影響が確認されているのは、2018年10月から2019年8月までに製造され、シリアル番号が特定の範囲内にあるデバイスのみ。 本プログラムの対象になると思われるiPhone 6sやiPhone 6s Plusを既に有償で修理された方は、返金を受けられる。 この全世界共通のプログラムは iPhone 6sやiPhone 6s Plusの通常の製品保証期間を延長するものではない。対象となるiPhone 6sやiPhone 6s Plusに対し、その最初の小売販売日から2年間適用される。Copyright (C)……

Appleが「iPhone 6s/ 6s Plus」のリコールを発表。コンポーネントの故障で電源が入らなくなる場合も。ユーザーはシリアル番号でチェックを。

本日Appleが、「iPhone 6s や iPhone 6s Plus の電源が入らない問題に対する修理プログラム」を開始することを発表しました。この問題は、一部のコンポーネントの故障により、特定の「iPhone 6s」や「iPhone 6s Plus」の電源が入らなくなる可能性があるというもの。この問題の影響が確認されているのは、2018年10月から2019年8月までの間に製造され、シリアル番号が特定の範囲内にある「iPhone 6s/ 6s Plus」のみです。Appleのサイトでシリアル番号を入力すれば簡単にリコール対象端末かどうか判定できるので、現在「iPhone 6s/ 6s Plus」を使用中のユーザーさんは、一度確認しておきましょう。Appleが開始した「iPhone 6s や iPhone 6s Plus の電源が入らない問題に対する修理プログラム」ですが、これに該当する……

iPhone 6s/6s

最後にリンゴループと呼ばれるiOSのバージョンアップをした時に不具合が起こり、永遠にリンゴマークのループを繰り返していつまでもバージョンアップが終了しない症状になります。 当然リンゴループが繰り返し表示されるだけなので、使用する事も出来ずiPhone 6s/6s Plusが起動できないことです。 このリンゴループはいつどこで発生するかわからないので、バージョンアップが頻繁に出ているiOS9の時は対策方法を考えておく必要があります。 (拡張現実(AR)アプリの不具合は修正対応が出るまで待つ必要がありますが、リンゴループの場合は対策方法がありますので紹介します。 そもそもリンゴループは何故発生するのかという事になるのですが、それはOSを新バージョンに書きかえる際に上手くいかず、元のデータがいじられるからとされています。……

意外な原因が多い?!iPhone 6sの電池持続時間が短くなった時の対処法をご紹介 iPhone(アイフォン)修理

2015年9月に発売の「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」利用されている方の中には、4年以上使われている方も少なくないでしょう。長期間ひとつの機種を使っていれば、内蔵されているバッテリーも劣化して、電池持ちが悪くなってきたり、他にも様々な不具合が起きることもあります。ただ、iPhone 6sの【電池持ちが悪くなる原因】は単に経年劣化によりバッテリーが弱ってくることの他にも原因は考えられます。今回はそんなiPhone 6sの「バッテリーの不具合」について少しご紹介します。まずは「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」に使われている【リチウムイオンバッテリー】と本体仕様について、前モデルと比較してご紹介していきます。電池持ちを比較するときの目安の一つで注目させるのが、「バッテリー容量」です。基本的に考えて、バッテリー容量が大きければバッテリー残量の持続時間も長……

iPhone 6sとiPhone 6s

アップルが特定のiPhone 6sやiPhone 6s Plusにつき、一部のコンポーネントの故障により電源が入らなくなる問題があるとして、無償修理プログラムを発表しました。この問題が確認されているのは、2018年10 月から2019年8月までの間に製造され、シリアル番号が特定の範囲内にあるデバイスのみとのことです。お使いのiPhone 6sやiPhone 6s Plusにこの問題が起きたことがあると思われる方は、こちらのサイトにてiPhoneのシリアル番号をボックス内に入力すると、本プログラムの対象となるか確認できます。本プログラムの対象となる場合は、無償で修理が受けられます。該当するiPhoneを修理するには、下記のいずれかの方法で手続きを行うことになります。ただしアップルにて実機検査を行い、そのiPhoneが本プログラムの適用対象かどうかが検証されるとのことです。また修理に出す前には……

【iPhone 6s/6s Plus】iOS14.2で不具合注意!アップデートは待って!

などが発生していますので、アップデートの際はご注意下さい。またiPadOS14.2を搭載したiPad Pro(2018)も影響を受けているようです。iPhoneのバッテリー消費が早くなってしまった場合、次の3つの対処方法がおすすめです。詳しい内容と対処法はこちらの記事をご確認ください。バッテリーの減り早すぎない⁉️不具合でなければ、その後、数日以内に正常な状態に戻るので少しのあいだ様子をみてください。一部の「iPhone 6s」が突然シャットダウンする (電源がオフになる) 不具合が判明し、Appleでは現在、「iPhone 6s」のバッテリーを無償交換しています。アップデート後に不具合が発生しています。ご注意下さい。「iPhone 6s、6s Plus 」で、Wi-Fi通信、LTE通信、モバイルデータ通信ができなくなる不具合が発生しています。 ※ Wi-Fiの場合、1日に何度か突然ネット……

【iPhone】iOS14アップデートは要注意!過去の不具合やOSの確認方法など紹介! 家電小ネタ帳

公開日時 : 2020-12-03 10:49 更新日時 : 2020-12-03 11:08 2020年9月に、iOSの最新バージョン、iOS14が配信されました。iOSのアップデートは新機能の追加が目玉です。iOS14でも、さまざまな新機能が追加されています。 早くAppleのつくったiOSの新機能を試したいところですが、怖いのが、iOSのアップデートによる不具合です。iOSのアップデートによる不具合はもはや恒例ともいえるので、安易なアップデートはためらいがちですよね。この記事では、iOS14のアップデートの不具合について、どのような不具合が出ているか、解説していきます。また、iOS14で追加される新機能、iOS14でアプリのアップデートがどうなるかについても解説し、そもそも、iOSをアップデートすべきなのかを解説していきます。この記事を読めば、iOS……

不具合を解消する(簡易リセット) スマートフォン・携帯電話

最近利用したアプリケーションが iPhone(iPad)の内部(画面上に表示されていない状態)で作動していることがあります。マルチタスクの削除は iPhone(iPad)の内部で作動しているアプリケーションを停止し、iPhone(iPad)の動きを軽くする効果があります。この操作で症状が改善されない場合は、「再起動(電源オフ・オン)」へ進んでください。……

iPhoneが調子悪いのはなぜ?よく発生するiPhoneの不具合と解決策

iPhoneの調子が悪いけど、原因が分からないことってありますよね。原因が分からないと解決策も分からず、困ってしまうのではないでしょうか。そこでこのコラムでは、よくあるiPhoneの不具合とその解決策についてご紹介します。iPhoneでよく起こる不具合の事例を知ることで、自分のiPhoneの症状が見つかるかもしれません。ぜひ、最後まで読んでみてください。iPhoneの調子が悪いのは、何が原因なのでしょうか。ここでは、iPhoneで起こりやすい不具合の代表例とその原因についてご紹介します。iPhoneがネットにつながらず、データ通信ができなくなってしまうことがあります。原因として考えられるのは、何か操作中にデータ通信をオフにしていたり、機内モードを設定してしまった場合や、SIMカードの不具合が考えられます。アプリを起動するときに、動作が遅くなったり、iPhoneが動かなくなってしまうことがあ……

iPhone 6s 機種

iPhone6Sのごく一部の製品でバッテリーの不具合が報告されています。 突然電源が落ちる(シャットダウン)ということがあるそうです。バッテリーの交換かiosの更新で改善が見込めるとのことです。 しかし、不具合でなくてもiPhoneを始めスマートフォンは1年~2年でバッテリーの寿命が来てしまいます。 iPhone6Sも同様で、不具合でなくても使い続けることでバッテリーは消耗して行ってしまいます。 充電が30%を切ると電源が落ちてしまう、0%の状態で充電したらいきなり50%まで回復したなどはバッテリーが寿命になっているときの症状です。 iPhone6Sの充電が不調、電源がおかしいというときは一度お問い合わせください。……

iPhoneが故障したかも!?慌てずチェックしたい内容を紹介

iPhoneを使用しているときに、急に動かなくなることがあります。信頼性の高いスマートフォンですが、故障なども発生する可能性はゼロではないため、動かなくなることもあるのです。もし急に動かなくなった場合、まずは慌てずに確認したい項目があります。ここでは、iPhoneが故障したかも?と思った時に確認したい項目や、対処法を紹介します。iPhoneに動作不良が認められた場合、スペック以上の処理を行おうとしてオーバーフローしている可能性も考えられます。 iPhoneは年々進化していますが、それに比例してアプリなども処理が複雑なものが増えています。 最新のiPhoneだからと言って、どれだけアプリを使っても処理できると言うわけではないのです。 そこで、まずは不必要なアプリを立ち下げてみましょう。 以前のiPhoneでは、一回の操作ですべてのアプリを一括で終了させることができましたが、iOS7以降ではで……

iOS14.4で報告されている不具合とその対処法をご紹介 Apple Geek

現在iPhoneはiOS14.4にアップデートされています。iOS14.4は最新バージョンなのですがiOS14.4になったことで生じる不具合が報告されています。そこでiOS14.4で報告されている不具合とその対処法をご紹介します。ではiOS14.4で報告されている不具合を見ていきます。iOS14.4で報告されている不具合には数々あるので1つ1つ見ていきましょう。まずはバッテリー消費が激しいです。このようにセキュリティ問題の解消のためにアップデートされたようですが引き換えにバッテリーが消費されるようになってしまったようです。では対処法を見ていきます。などが挙げられます。またバッテリー劣化の可能性には以下の記事で言及していますのでご覧ください。2つ目はiPhoneが発熱する不具合です。ある程度アプリを起動させると発熱してしまうようですね。この不具合は事故にもつながりかねないので注意が必要です。……

【最新情報】iOS 14/iOS

本記事ではiOS 14/iOS 14.1にアップデート中/後、不具合・バグ・エラーや、その対処法をまとめて紹介していきます。いよいよ、今秋に正式リリースが予定されているiOS 14/iOS 14.1が公開されました。iOS 14に興味を持っているiPhoneユーザーたちはもうダウンロードしましたか?iOS 14・iPadOS 14に、どんな新機能が搭載されているか楽しみにしている方もいて、iOS 14/iOS 14.1にアップグレードした人もいっぱいいます。しかし、iOS 14はアップデート中/後、様々な不具合・バグがあります。ここで、順調に/iOS 14.1にアップデートするため、アップデートによる不具合・バグ・エラーや、その対処法をまとめて紹介していきます。正式版のiOS 14が公開されましたあと、新機能を早めに体験するために、手元のiPhoneにiOS 14/iOS 14.1をインス……

【ポケモンGO】iPhone 6s、iPhone 6s

以前より、特定のiPhone 6s、iPhone 6s Plusについて、電源が入らなくなったり端末が高温に発熱したりするなどの問題が多くのユーザーに確認されています。この問題を受けて、Appleでは2019年10月から特別な修理プログラムが実施されており、プログラム対象の端末であれば無償交換してもらえる可能性があります。こちらでは、iPhone 6s、iPhone 6s Plusで発生することのある問題や対処法、Appleの修理プログラムについてご紹介します。iPhone 6s、iPhone 6s PlusでポケモンGOをプレイされているトレーナーさんも多いかと思うので、お困りの方は参考にしてみてください!筆者が実際に体験したiPhone 6sの問題と、解決までの流れについてご紹介していきます。問題が発生したのは、2019年3月に「Y!mobile(ワイモバイル)」で購入したiPhone……

iPhone6s Plus 修理料金

ダイワンテレコム各店では、iPhone 6s Plusの修理を行っています。 画面割れなら30分~、バッテリー交換は15分~と非常に短い時間で修理を行っています。端末内部のデータは一切触らない為、修理後もデータは残ったままです。Appleストアでの修理とは異なり、修理前に本体データの初期化は必須ではありません。 Apple正規店とダイワンでは、iPhoneを購入してからの期間に応じて、それぞれメリットとデメリットが違うので、以下に特徴をまとめているのでご参考ください。最も大きな違いは、購入後1年が経過したiPhone(AppleCareの保証有無)の修理料金の差です。 ダイワンは、Appleの認定を受けないiPhoneの修理店ですが、総務省の登録修理業者制度に登録し、電波法と電気通信事業法に基づいた特別特定無線設備の修理について……

iPhoneの電源が入らない【図解や動画で解説】原因と3つの対処法とは?【令和元年版】

iPhoneの電源がいきなり入らなくなる(つかない)と電話がかけられない&電話に出ることができないネットも出来ない、LINEも出来ないととても不便でお困りだと思います。などが想定されます。電源が入らないiPhoneの対処法で改善ができない場合は、iPhoneの修理が必要になりますので、という流れになってきます。当サイトと似た文章構成を書くメディアは実務経験のない無資格者が執筆したパクリサイトです。間違った内容の記載も見受けられるのでご注意くださいませ。この記事ではiPhoneの電源が入らない時の原因と対処法について解説していきます。 「目次から探す」以下をタップすると知りたい情報へジャンプできます。 iPhoneの電源が入らない状態とは、 iPhoneの本体に通電がしておらず、まったく起動が不能なiPhoneを指します。 iPhoneを充電してみたり、サイレントスイッチを操作したり、電話……

【iPhone】最近リリースされたios13.5.1の情報について解説します!【iosアップデート】

皆様こんにちは!iPhone(アイフォン),Android(Xperia,Galaxy,Huwai),3DS,New3DS,Swich,PSP修理店のスマホスピタル大宮店です!最近iPhoneをいじっていたら新しくiosのアップデートがリリースのお知らせがきました!ios13.5.1と呼ばれますが 前回リリースされたios13.5と比べるとマイナーバージョンアップになりそうですね、どのような機能がアップデートされたかお話していきたいと思います!今回のアップデートでは、重要なセキュリティ面の修正のみで、特に新しい機能追加などのアップデートの追加はありません。Apple公式のリリースノートでは「ios13.5.1には重要なセキュリティアップデートが含まれ、全てのユーザに推奨されます」と記載があり、重要度が高いアップデートかと思います。また「メモリ処理を強化し、メモリ消費の脆弱性に対処しました……

iPhoneが「充電できない」時に考えられる10の原因と対処法

あるとき急にiPhoneが充電されなくなってしまった、という経験はないでしょうか。 故障してしまったのかもしれないと焦りますが、ちょっとした手違いで充電ができていないケースも少なくありません。本記事では、考えられる10個の「iPhoneが充電できない」原因を列挙しながら、試してみたい具体的な対処法を紹介します。一時的な不具合はPCなどでも時折発生するので、再起動で改善されることがあるのはご存知かもしれません。充電できない具体的な原因が分からないときは、ひとまずiPhoneを再起動してみましょう。編集部にあったiPhone Xの充電レベルが20パーセント以上にならなくなってしまったときのグラフ。グラフ左方で、一定時間バッテリー残量20%のままになっている(赤い部分と黄色の部分の途中まで。黄色=低電力モード中)。低電力モードにしても効果がなかったので、Lightningケーブルを外し、しばらく……

iPhone6s(アイフォン6エス)料金表 札幌でiPhone修理・故障は安心の道内企業アイフォンクリア

2015年9月9日に発表されたiPhone6s(アイフォン6s)は、外観的には大きな変化はありませんでしたが、新たに3D Touch機能やLive Photo機能が搭載されました。iPhone6s(アイフォン6s)の故障でお困りの方は、アイフォンクリアまでお気軽にご相談くださいませ。今までのiPhone(アイフォン)は、ホワイト、ブラック、ゴールド、グレーなどシンプルな色がメインでしたが、iPhone6s(アイフォン6s)から初めてピンク色のiPhone(アイフォン)が登場し、女子人気が高まりました。iPhone6sPlus(アイフォン6sPlus)と同様、ディスプレイは新たに「3D Touch」という新たな操作が追加されています。発売年:2015 容量:16、32、64、128 GB カラー:スペースグレイ、シルバー、ゴールド、ローズゴールド 背面カバーに記載されているモデル番号:A16……

突然iPhoneが動かない!バグか修理が必要な不具合かの判断法と対処

iPhone利用中に突然動かなくなることがあります。故障を真っ先に疑いたくなりますが、バグが起こっている可能性も否定できません。突然iPhoneが動かなくなる原因を知り適切に対処するための方法を説明します。iPhoneが突然動かなくなる原因には様々なものがあります。iPhone本体に不具合が起こっている場合だけではなく、システムの問題の可能性もありますし、盲点としては保護フィルムなどが原因で動かなくなる場合もあるのです。具体的な原因をご紹介します。iPhoneを動かすために必要なプログラムがiOSです。iOSが何かしらかの問題で不具合を起こすとiPhoneが動かなくなる現象が起こります。また、使用中のアプリがフリーズをした場合もiPhone自体が動かないように感じるでしょう。iOSの不具合は最新版へのアップデート中に電源が切れたり、アップデートされたiOSのバグが発生したりして起動できなく……

iPhoneを強制的に再起動してリカバリーモードに入る方法

Appleは2016年のiPhone 7からホームボタンを廃止し、静電容量変化を捉えるタッチパネルを採用しました。このホームボタンはソフトウェアに依存するため、スクリーンショットの撮影などには使えなくなりました。また、iPhone Xシリーズから、ボタンの構成がさらに変わり、人々を困惑させています。ですので、新しいiPhoneを買ったばかりの人は、リカバリーモードに入る方法がわからないかもしれません。今回は、さまざまなモデルのiPhone(またはiPad、iPod touch)で、リカバリーモードに入る方法を紹介します。使っているデバイスの解説にジャンプ(目次追加):みなさまがiPhoneをハードリセットするような事態に陥らないことを祈りますが、問題が発生したときのためにやり方を理解しておいて損はありません。iPhoneがまったく応答しなくなったら、バッテリーの消耗を待つか、ハードリセット……

iPhoneが故障かも?まずは無料の「iOS診断」を使ってみよう!

iPhoneの調子がおかしいとき、皆さんはどうしていますか?ネットで対処法を検索する、iPhoneに詳しい友人知人に相談する、Appleのジーニアスバーに持っていく、など色々な対処法があると思います。 でも、調子がおかしいとき、まず試してみてほしいのがAppleの「iOS診断」。Appleのサイトにアクセスし、質問に答えていくと、考えられる問題点や対処法を診断してくれるんです。 ワタシのiPhoneも、たまに突然終了したり、再起動することがあるんですよね。どう対処すべきか、実際にiOS診断を試してみましたよ!「こちらからスタート」のボタンをクリックすると、下記のページが表示されるので、サポートを希望する製品を選択します(今回は「iPhone」を選択します)。「iPhoneについてどのような質問がありますか?」という質問が表示されるので、「バッテリー、該当するテーマを選択します(ここでは「バ……

iphone修理くん アイフォンの故障や不調、不具合はiPhone 修理

2019年に発売されたiPhoneのモデルです。 iPhoneⅩSMaxと同じように見えますが、実際は僅かに大きくなっています。2019年に発売されたiPhoneのモデルでiPhoneⅩSの後継機種になります。 背面のトリプルカメラがタピオカみたいと話題になりました。2019年に発売されたiPhoneのモデルでiPhoneⅩRの後継機種になります。 背面のカメラレンズが1つ増え、バッテリー容量も増え、その他の部分で小型化、軽量化が図られております。2018年に発売されたiPhoneのモデル。 従来のPlusシリーズにあたる機種になります。2018年に発売されたiPhoneのモデル。 画面もiPhoneⅩ・ⅩSよりやや大きめで、豊富なカラーバリエーションがあります。2018年に発売されたiPhoneのモデルでiPhoneⅩ……

『iOS 14.3』アップデートの内容や新機能、対象端末とみなさんのつぶやき、口コミ、評判、不具合報告などモデル別まとめ – iOSをアップデートする方法 ≫

最終更新 [2020年12月15日] 2020年12月15日(日本時間)に「iOS 14.3」がリリースされました。 12月5日にiOS 14.3の配信が開始されています。 1つ前のiOS 14.2から1ヵ月ちょっとでの配信となります。 このアップデートには、Apple Fitness+対応やiPhone 12 ProのApple ProRAW撮影対応、さらに超高額でも話題となったワイヤレス・オーバーイヤーヘッドホンAirPods Max対応などが盛り込まれています。 また、iOS 14.2までに発生していたバグ修正も行われています。 iOS 14.3のアップデートファイルサイズは、iOS 14.2搭載のiPhone 12 Pro Maxで593MBでした。 けっこう大きいサイズなので、アップデートする場合はiPhoneの容量を確保しておきましょう! やっぱり事前バックアップは必須です。 ……

【iOS13.6】アップデートの新機能と変更点、不具合や評判のまとめ

AppleがiPhoneなどiOSデバイス向けに、ソフトウェア自動アップデート機能に自動ダウンロードと自動インストールのオプション追加などを含む、iOS13.6アップデートをリリースしました。今回リリースされたiOS13.6アップデートでは、iPhoneの設定→ソフトウェア・アップデートの自動アップデートが機能強化され、自動アップデートの方法を「iOSアップデートをダウンロード」と「iOSアップデートをインストール」の2つから選ぶことができるようになりました。 車のデジタルキー * iPhoneを使って対応車両のロック解除と施錠、およびエンジンの始動が可能 * iCloud経由で紛失したデバイスからデジタルキーを安全に削除 * iMessageでデジタルキーを簡単に共有 * ドライバー固有のプロファイルを使って共有キーを構成し、フルアクセスを許可したり運転を制限したりすることが可能 * 予……

平均ユーザー評価

4.9 / 5

カテゴリ