アイフォン6s フリーズ

アイフォン6s フリーズ、iPhone6sがフリーズする原因と対処方法・再起動の方法とは?

iPhone6sに限らず、どのiPhoneでも使っていくうちに、いろんな情報が増えるのでメモリの空き容量が少なくなってきます。メモリはある程度容量に空きがある方が、サクサクと快適に動きますが、メモリ容量が足りなくなると動作にも支障が出始めます。よく重くなったと言いますが、それはメモリ容量が不足しているのが原因と考えられます。この場合は不要なメモリを削除して、空き容量を増やすことでフリーズを回避でき。

iPhone6が発売されたのは、2014年9月のことです。第8世代のiPhoneとして、同時にiPhone6 Plusも発売されました。発売から3年以上経過していますので、そろそろバッテリーの寿命を迎える人も多いはずです。突然フリーズする原因はバッテリーが関係していることも多いです。ですが、それ以外にもいくつかの原因が複合していることがあります。アプリをたくさん使っている人や、写真や動画を多く保存。

これらの症状に関しては、以下のiPhone 6sがフリーズした時の対処法で回復ができるか確認をしていただきたい。また、iPhone 6sについてその他の不具合の確認や対処法などは、以下のページから、あなたの機種名をクリックすれば纏めて見ることができるため、是非ブックマークをお勧めする。まずは、ご自身のiPhone 6sで現在フリーズ、電源が切れない、画面が反応しない場合には以下の操作をお試しいただ。

などがiPhoneフリーズの原因として想定されます。がiPhoneがフリーズした時の対処法として挙げられます。iPhoneが フリーズしてしまう問題でよくお話を聞く事例ですといくつかのパターンがあります。いくつかのパターンがありますが、パターンごとにiPhoneがフリーズしてしまう原因と対処法を解説していきます。当サイトと似た文章構成を書くメディアは実務経験のない無資格者が執筆したパクリサイトです。

突然iPhoneの画面が暗くなって操作できなくなったことはありませんか? また画面の真ん中に歯車のようなくるくるが出てきて、そこから動かなくなってしまうこともあります。 このようにiPhoneが突然フリーズしてしまった場合はどうしたらいいのでしょうか。この記事ではiPhoneがフリーズしてしまう原因やその対処法について紹介します。 突然画面が真っ暗になってしまったり、画面の真ん中にくるくる。

iPhone格安SIM通信 編集部 iPhoneユーザーであれば、一度はiPhoneがフリーズした経験があるのではないでしょうか。フリーズしてしまうと電話もメールもできなくなるため、私生活でも仕事でも困ってしまいます。iPhoneは精密機器であるため、様々な原因でフリーズを起こす可能性があります。本記事では、iPhoneがフリーズ。

こんにちは! 京都河原町店の堀川です!iPhone 6sとiPhone 6s Plusが突然、操作にまったく反応しなくなる不具合が起きているそうです。特定のタイミングや操作で起こるトラブルではないようですが、 iPhoneのロックを解除した直後に起きることが多いとされています。原因は分かっていませんが、フリーズや固まった時の対処法を 今日はご紹介したいと思います!◆iPhoneを強制再起動しよう!。

iPhoneがフリーズしてどうにも動かなくなった、動作不良を起こして普通に再起動できなくなった、などの不具合に見舞われたときは強制終了が有効です。 ここでは最新のiPhone XSに至るまで歴代iPhoneの強制終了(シャットダウン)方法を解説。強制終了にまつわる注意点や知っておくべきポイントもまとめたので、iPhoneを壊さないためにも1度目を通してみてください。Amazonでのお買い物は、Am。

iPhoneを使用していて、画面がフリーズしたり、タッチが反応しなくなったりして、iPhoneの画面が動かない状態になったことはないでしょうか。iPhoneの画面が動かなくなってしまうと、iPhoneが使用できず、電話やメッセージのやり取りなどもできなくなり大変不便です。この記事では、iPhoneの画面が動かない原因と対処法についてご紹介します。iPhoneの修理店や修理の相場についてもお話してい。

iPhoneを利用しているときに、「突然画面が固まってしまった!」という経験はありませんか?画面がフリーズしてしまうとiPhoneがこちらの操作を受け付けてくれなくなってしまい、電源を切ることもできません。そのような状態になってしまうとiPhoneを強制再起動するしかない場合もあります。この記事では、どんなときに強制再起動が必要なのか、強制再起動をおこなう方法についてまとめました。iPhoneがフ。

iPhoneを利用していると、動作が遅くなったりフリーズしたりしてしまうことがまれにあります。通常であれば電源をオフにして再びオンにする再起動が一般的ですが、それでも問題が解決しないのであればiPhoneを強制的に再起動するという手段もあります。本記事では、iPhoneを強制再起動(強制リセット)する方法を紹介します。iPhoneのモデルによって操作手順が異なるので、それぞれ解説しています。iPh。

iPhoneを操作していると、突然フリーズしてしまう事態に見舞われることもあります。また、何らかの理由でいきなり電源が切れなくなってしまうケースも。画面やボタンを押してみてもiPhoneが反応しなかったり、突然電源が切れなくなってしまったら、焦ってしまいますよね。そこで今回の記事では、何らかの理由でiPhoneの電源が切れなくなってしまったときの対処法を解説していきます!iPhone8以降、「スリ。

いずれかのアイコンを波打ちはじめるまで長押しします。不具合が発生しているアプリケーションの「×」ボタンを押します。「削除」を押すとアプリケーションが削除されます。 iPhone 8 以前の機種の場合、スリープボタンを長押しし、「スライドで電源オフ」を左から右へ動かします。 iPhone X 以降の場合、サイドボタンと音量ボタン(下)を長押。

原因は分かっていませんが、フリーズしてしまったときの対処法はあります。何も操作を受け付けなくなったときは、iPhone 6s/6s Plusの右側面にある電源ボタンと、ホームボタンを同時に10秒以上押し続けましょう。この操作により、iPhoneを強制的に再起動できます。iPhoneがタップなどの操作に反応するときは強制的な再起動ではなく、電源ボタンを長押しして電源オフにする方法をお試しください。 。

iPhoneやiPadを使っていると、突然画面が動かなくなり、操作をうけつけなくなる症状が発生することがあります。これは一般的にフリーズと呼ばれる現象で、その名の通りiPhoneが固まってしまうことを指します。使っている時に突然フリーズすると困るような場合もあるでしょうし、またフリーズした際にどう対処すればよいのか、その対策はないかなどについて全く知らないという方が多いのも事実です。そこでここでは。

iPhoneを使っている人の中には、急にiPhoneが動かなくなって困ってしまうことがよくあるという人も多いのではないでしょうか。 iPhoneがフリーズしてしまうのは、故障だけでなくほかにもいろいろな原因があります。そこで、iPhoneがフリーズしてしまう原因と対処法について解説します。iPhoneの電源を入れたときや再起動したときには、Appleロゴの画面が表示されます。この画面が表示される長。

iPhoneが固まって動かなくなる。決まったアプリで必ずフリーズする(固まる)といった経験はありませんか?画面が真っ暗になって動かなくなったり、iTunesのマークが出て操作できなくなったりということもあります。昔に比べiPhoneの性能は年々上がっていますが、いまだにiPhoneが固まることは珍しくありません。iPhoneを完全に故障させてしまう前に、iPhoneがフリーズして動かなくなった時の。

iPhoneが強制終了できないとき、大きく分けて3つの原因が考えられます。対処方法もあわせて解説しますので、まずは何が原因となっているかを確認していきましょう。まずはiPhoneを強制終了する際に利用する、iPhoneの右サイドにあるサイドボタン(電源ボタン)やホームボタンが陥没しているなど、物理的に壊れていないかを確認してください。強制終了ができない理由の多くは、システムの過重負荷が原因であるこ。

スマホは端末が古くても新しくても、データ処理量や端末のスペック、その他さまざまな要因から、画面が止まったままで動かなくなってしまう、いわゆる「フリーズ」を起こすことがあります。フリーズの問題はどんなに端末が進化しても付きまとうもので、もちろん人気の「iPhone」も例外ではありません。iPhoneがフリーズを起こした場合、例に漏れることなく、復旧するためにはやはり強制的な「再起動」が必要になります。

「リンゴループ」という言葉をご存知でしょうか? iPhoneユーザーなら、起動時に画面にApple社のロゴマークが表示されるのは見たことがあると思います。 iPhoneの電源を入れる時、または再起動させる時に必ず表示される画面ですが、電源を落とす機会のない方にとってはあまり頻繁に目にする物ではありません。「リンゴループ」とは、iPhoneの起動準備中を示す上記のような画面が繰り返し表示される現。

2018年に前モデルiPhone Xの後継機として登場したのが「iPhone Xs」です。iPhone発売の10周年モデルiPhone Xの主な仕様を引き継いで、さらにパワーアップした「iPhone Xs」ですが、発売して1年以上経ってくると、通常利用でも少なからずいろいろな不具合が起こっています。とくに落としたりぶつけたりしていないのに、電源が入らなくなったり、画面が動かなくなったり、起動時のり。

iPhoneが言うことを聞かない時は、原因が何であれ、ひとまず再起動するのが問題解決の早道です。でもフリーズしてしまって、いつもの「スライドで電源オフ」が出てこない場合はどうしたらいいでしょうか?ここでは、iPhoneのバージョンごとに、ステップ・バイ・ステップでやり方をご説明します。もちろん、バッテリーが切れるまで待ってもいいのですが、少し時間がかかる場合もあるでしょうし、頻繁にはやれませんよね。

iPhoneは本来の使い方である電話はもちろんネットやゲーム、書類整理・作業効率化などさまざまな用途に使える非常に高性能なスマホです(^^)/見た目も非常にスタイリッシュでAppleマニアのかたも多いのではないでしょうか…?そんなiPhoneですが、そんなときにいくつか試してほしい事がありますのでご紹介いたします!一番悩まされる事の多い症状がこれではないでしょうか?画面がフリーズしてしまうとホーム。

次の新しいiPhoneに期待しつつも、7から全く変えるつもりのないBossanです。最近メチャメチャ暑いですね。。 さて突然ですが、iPhoneの強制再起動の方法が機種ごとに違うってご存知でしたか? いや、機種ごとというより、iPhone7シリーズから変わってきたって言った方が正しいですかね。 後で説明しますが特に8・Xに関しては方法が全然違います。  順を追って書いていきたいと思います。 通常再。

福山市のiPhone修理店、iCracked Store 福山TSUTAYA新涯です(*´꒳`*)今回ご紹介するのは意外と知らない?!お困りの際にはお問い合わせの多い「強制リセット(再起動)」の方法です。iPhoneなどのスマートフォンやタブレットは小さいパソコンのようなものなので本体の故障でなくても突然フリーズして動かなくなることもあります。再起動をするために電源を切ろうとしてもそれもできない…。

「子供がiPhoneを使っていますが、電源が入らくなってしまったようです。電源ボタンを長押ししても電源が入らず困っています。何か解決策はありますか?」と質問を受けましたのでお答えします。ちなみに、iPhoneの画面が真っ暗なまま動かない、フリーズして操作ができない、電源が入らない、電源が切れない、充電ができないなどにも対応できる対処法です。しかし、iPhoneの型によって方法が異なりますのでご注意。

今回は、【iPhone6がフリーズした時の再起動方法と対処法】を紹介していきます。アプリなどをいれていくとiPhone6が重くなってしまいメモリ不足など色々な原因で動作がカクカクなったりすることがあり、ひどい時には「フリーズ」してしまう時がありますよね。iPhone6も含めiPhoneはいってしまえば小さなパソコンです。 ガラケーと同じかと言えば全く違う物ということになります。なので、パソコンと。

iPhone(アイフォン)即日修理対応のダイワンテレコム松戸店です。iPhoneを使っていると・お風呂やトイレなどにiPhoneを落として動作が不安定になるなどの症状が突然起きて生活に支障をきたしてしまうケースがあります。今回はそのような緊急自体でお困りのあなたに有効なiPhoneの強制再起動と強制終了の手順をサクッとご紹介します。iPhoneを動かすソフトウェアであるiOS(アイオーエス)の不具。

ダイワンテレコム渋谷道玄坂店です!つい先日、それは隣駅の方に出かけていた時のことです。今まで問題なくiPhoneを使っていました、夕方までは・・・。待ち時間が長く、iPhoneでアプリを開き時間を潰していましたがモバイルバッテリーを忘れるという痛恨のミスをしてしまいあっという間に充電してくださいのマークに・・・。本当ならそこまでやらなければいい話だったんですが、出かけた時点でしっかり充電しなかった。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。iPhoneを使用していると稀に動きが鈍くなる、または画面が固まってしまうことがあります。このような状態を「フリーズ」と言い、基本的な解消法は「再起動」「強制終了」の2択が一般的になります。これらを行うにあたって、1つ複雑な点があります。それは、機種によって「再起動」「強制。

iPhoneを使っていて突然画面がフリーズし、画面が真っ暗になりくるくるアイコンが回ったまま操作できなくなるという状態に陥りました。ホームボタンも効かず、電源ボタン長押しによる再起動メニューも出ない状態だったため、仕方なく強制再起動することにしました。「音量を上げるボタン」を押して、すぐに放します。「音量を下げるボタン」を押してすぐに放してから、Apple ロゴが表示されるまで「サイドボタン」を押。

リンゴループとは、iPhoneやiPadなどのApple社製品で起こる不具合のことを言います。画面にリンゴのロゴが表示されたまま動かなくなるため、突然スマートフォンやタブレットが使用できなくなります。また、リンゴのマークから読み込み中を示す歯車が表示され、急に再起動したあとまたリンゴマークで止まる、などのケースもあります。延々と繰り返すことから「リンゴループ」と呼ばれており、さまざまな要因で発生す。

iPhone6sがフリーズする原因と対処方法・再起動の方法とは?

iPhone6sに限らず、どのiPhoneでも使っていくうちに、いろんな情報が増えるのでメモリの空き容量が少なくなってきます。メモリはある程度容量に空きがある方が、サクサクと快適に動きますが、メモリ容量が足りなくなると動作にも支障が出始めます。よく重くなったと言いますが、それはメモリ容量が不足しているのが原因と考えられます。この場合は不要なメモリを削除して、空き容量を増やすことでフリーズを回避できる可能性があります。ただしiPhone6sの販売時期を考えると、そろそろバッテリーの寿命も要因になるので余計なメモリを削除しても完全には解消されないかもしれません。iPhone6sは発熱すると、手で持っていられないくらい熱が暴走することがあります。あまりの熱さに驚き故障と考えますが、必ずしも故障とは言い切れません。iPhoneは情報を処理するとき、内部が熱くなることがあります。パソコンなら冷却装置……

iPhone6sが頻繁にフリーズするのはどうして?解決方法とは?

iPhone6が発売されたのは、2014年9月のことです。第8世代のiPhoneとして、同時にiPhone6 Plusも発売されました。発売から3年以上経過していますので、そろそろバッテリーの寿命を迎える人も多いはずです。突然フリーズする原因はバッテリーが関係していることも多いです。ですが、それ以外にもいくつかの原因が複合していることがあります。アプリをたくさん使っている人や、写真や動画を多く保存している人は、メモリの空き容量が少なくなっている可能性があります。メモリが多いとその分毎回の読み込みに時間がかかりますし、動作が不安定になりがちです。写真や動画を整理して、メモリ空き容量を増やすと動作が軽くなり、フリーズすることも減ってきます。大切な写真や、まだ見ていない動画はついそのままにしてしまいがちです。ですが、メモリを多く使うので、不要なものは削除するか、他にデータを移行しておくといいでし……

iPhone 6sがフリーズした時の2つの対処法とその原因とは?

これらの症状に関しては、以下のiPhone 6sがフリーズした時の対処法で回復ができるか確認をしていただきたい。また、iPhone 6sについてその他の不具合の確認や対処法などは、以下のページから、あなたの機種名をクリックすれば纏めて見ることができるため、是非ブックマークをお勧めする。まずは、ご自身のiPhone 6sで現在フリーズ、電源が切れない、画面が反応しない場合には以下の操作をお試しいただきたい。iPhone 6sの強制終了方法は以下の通りだ。これで強制終了が可能だ。もし強制終了方法で回復ができたとしても、あなたの使用方法に原因はないだろうか?以下の記事で、使用方法に心当たりがないか確認をすることができる。また、この強制終了をする際に注意をしていただきたいことが一点ある。既にフリーズ(iPhone 6sの動作が完全に停止)しているため、何か操作を途中であった場合にはそのデータは回復……

iphoneがフリーズしてしまう時の13個の原因と6つの対処法【令和元年版】

などがiPhoneフリーズの原因として想定されます。がiPhoneがフリーズした時の対処法として挙げられます。iPhoneが フリーズしてしまう問題でよくお話を聞く事例ですといくつかのパターンがあります。いくつかのパターンがありますが、パターンごとにiPhoneがフリーズしてしまう原因と対処法を解説していきます。当サイトと似た文章構成を書くメディアは実務経験のない無資格者が執筆したパクリサイトです。間違った内容の記載も見受けられるのでご注意くださいませ。iPhoneがフリーズしてしまう時に考えられる13個の原因を挙げていきます。アプリを使っている時にiPhoneがフリーズや固まってしまう状況が多い場合には、以下の2つの原因が考えられます。特定のアプリでiPhoneのフリーズが発生するのではなく、アプリなどを起動せずiPhoneをホーム画面にしている時や、複数のアプリにまたがってフリーズする……

iPhoneがフリーズして画面が固まってしまう原因と対処法を解説

突然iPhoneの画面が暗くなって操作できなくなったことはありませんか? また画面の真ん中に歯車のようなくるくるが出てきて、そこから動かなくなってしまうこともあります。 このようにiPhoneが突然フリーズしてしまった場合はどうしたらいいのでしょうか。この記事ではiPhoneがフリーズしてしまう原因やその対処法について紹介します。 突然画面が真っ暗になってしまったり、画面の真ん中にくるくるが出てしまったりなどiPhoneがフリーズしてしまう現象にはさまざまな原因が考えられます。 アプリが複数バックグラウンドで起動している状態で重いアプリなどを使おうとした際などに、メモリが足りなくなり固まるケースがあります。 特に最新のiPhoneでない場合は、メモリが少ないですのでこのような状況になることが多いです。 iOSのバージョンやアプリなどのソフトウェアのバージョンが最新ではないと、……

iPhoneがフリーズして再起動・強制終了できない?画面が固まる原因と対処方法

iPhone格安SIM通信 編集部 iPhoneユーザーであれば、一度はiPhoneがフリーズした経験があるのではないでしょうか。フリーズしてしまうと電話もメールもできなくなるため、私生活でも仕事でも困ってしまいます。iPhoneは精密機器であるため、様々な原因でフリーズを起こす可能性があります。本記事では、iPhoneがフリーズしてしまった場合の原因と対処法について細かく見ていきます。万が一のときには、適切な対応ができるようになっておきましょう。この記事でわかることまず、iPhoneがフリーズする原因として考えられるものを、状況別に細かく見ていきます。なぜフリーズしてしまうのかを知っておくと対処もしやすくなるので、ここでしっかり見ておきましょう。状況に関わらず、考えられる原因を見ていきましょう。アプリやiOSのバージョン……

【京都店】iPhone6sはフリーズしやすい?対処法 スマートバイヤーからのお知らせ

こんにちは! 京都河原町店の堀川です!iPhone 6sとiPhone 6s Plusが突然、操作にまったく反応しなくなる不具合が起きているそうです。特定のタイミングや操作で起こるトラブルではないようですが、 iPhoneのロックを解除した直後に起きることが多いとされています。原因は分かっていませんが、フリーズや固まった時の対処法を 今日はご紹介したいと思います!◆iPhoneを強制再起動しよう!この操作により、iPhoneを強制的に再起動できます。iPhoneがタップなどの操作に反応するときは強制的な再起動ではなく、 電源ボタンを長押しして電源オフにする方法をお試しください(^^)……

iPhone強制終了・再起動のやり方 機種別まとめ 実行時の注意点も Appliv

iPhoneがフリーズしてどうにも動かなくなった、動作不良を起こして普通に再起動できなくなった、などの不具合に見舞われたときは強制終了が有効です。 ここでは最新のiPhone XSに至るまで歴代iPhoneの強制終了(シャットダウン)方法を解説。強制終了にまつわる注意点や知っておくべきポイントもまとめたので、iPhoneを壊さないためにも1度目を通してみてください。Amazonでのお買い物は、Amazonチャージを使うのがおすすめ!ワンクッション挟むだけで最大2.5%のAmazonポイントが還元されるので、ぜひ活用してみてください!iPhoneのモデルごとに特定のボタンを長押しし続けます。下の画像のようにAppleロゴが画面に表示されたら指を離してください。▲この画面になれば指を離す。あとは通常の再起動時と同じようにパスコードロック解除の画面が出てくるので、ロック解除して普段通りに使ってみ……

iPhoneの画面が動かないのはなぜ?原因や対処法について解説

iPhoneを使用していて、画面がフリーズしたり、タッチが反応しなくなったりして、iPhoneの画面が動かない状態になったことはないでしょうか。iPhoneの画面が動かなくなってしまうと、iPhoneが使用できず、電話やメッセージのやり取りなどもできなくなり大変不便です。この記事では、iPhoneの画面が動かない原因と対処法についてご紹介します。iPhoneの修理店や修理の相場についてもお話しているため、iPhoneの画面が動かなくてお困りの方は是非とも参考にしてみてください。画面が固まって一切動かなくなる現象をフリーズといいます。フリーズはいったいどのような原因でおこるのでしょうか。iPhoneの画面がフリーズして動かくなってしまう原因はいくつか考えられます。1つ目は、iPhoneの処理落ちです。iPhone内のストレージが満タンに近かったり、バックグランドでアプリが何個も稼働していたり……

iPhoneの強制再起動とは?機種別の強制再起動方法ご紹介します

iPhoneを利用しているときに、「突然画面が固まってしまった!」という経験はありませんか?画面がフリーズしてしまうとiPhoneがこちらの操作を受け付けてくれなくなってしまい、電源を切ることもできません。そのような状態になってしまうとiPhoneを強制再起動するしかない場合もあります。この記事では、どんなときに強制再起動が必要なのか、強制再起動をおこなう方法についてまとめました。iPhoneがフリーズしてしまった際は、ぜひご活用ください。再起動と強制再起動は名前こそ似ていますが、いったいどのように違うのでしょうか。再起動は、終了プロセスをふんで電源を落として、起動し直します。そのため、iPhone本体や内部データに問題が発生するリスクがありません。動作が重かったり不具合があったりと、iPhoneの調子が悪いときは再起動をおこなうと改善されることがあります。再起動の方法は以下のとおりです。……

iPhoneを強制的に再起動(リセット)する方法まとめ

iPhoneを利用していると、動作が遅くなったりフリーズしたりしてしまうことがまれにあります。通常であれば電源をオフにして再びオンにする再起動が一般的ですが、それでも問題が解決しないのであればiPhoneを強制的に再起動するという手段もあります。本記事では、iPhoneを強制再起動(強制リセット)する方法を紹介します。iPhoneのモデルによって操作手順が異なるので、それぞれ解説しています。iPhoneを使っていると、まれに動作がおかしくなることがあります。不具合を解消するための方法としては一般的に、電源のオン/オフによる通常の再起動(動作が遅い、もっさりしている場合に有効)やマルチタスク画面でのアプリ終了(アプリが動かなくなったような場合に有効)、SIMカードの抜き差し(電波・ネットワーク不良の場合に有効)といった手段を挙げられます。しかし、それらの方法でも問題が解消しない場合や、ホーム……

フリーズしたiPhoneの電源が切れない!対処方法を解説します Enjoy iPhone

iPhoneを操作していると、突然フリーズしてしまう事態に見舞われることもあります。また、何らかの理由でいきなり電源が切れなくなってしまうケースも。画面やボタンを押してみてもiPhoneが反応しなかったり、突然電源が切れなくなってしまったら、焦ってしまいますよね。そこで今回の記事では、何らかの理由でiPhoneの電源が切れなくなってしまったときの対処法を解説していきます!iPhone8以降、「スリープボタン」は「サイドボタン」としての役割になり、iPhoneX以降の機種でサイドボタンの長押しをすると、Siriが起動するようになりました。旧機種と同じような手順では電源を切ることができなくなっています。1. 電源ボタンと音量ボタン(いずれか一方)を同時に長押しします。2. パワーボタンをスライドして電源をオフにします。1. 電源ボタンを長押しします。2. パワーボタンをスライドして電源をオフに……

アプリケーションがフリーズする、起動できない場合 スマートフォン・携帯電話

いずれかのアイコンを波打ちはじめるまで長押しします。不具合が発生しているアプリケーションの「×」ボタンを押します。「削除」を押すとアプリケーションが削除されます。 iPhone 8 以前の機種の場合、スリープボタンを長押しし、「スライドで電源オフ」を左から右へ動かします。 iPhone X 以降の場合、サイドボタンと音量ボタン(下)を長押しし、「スライドで電源オフ」を左から右へ動かします。 再度、スリープボタン(サイドボタン)を長押しして、iPhone の電源を入れます。「App Store」を押します。「アップデート」を押します。「購入済み」を押します。「開く」を押して症状が改善されたかをご確認ください。……

iPhone 6sはロック解除直後にフリーズしやすい? 固まった時の対処法

原因は分かっていませんが、フリーズしてしまったときの対処法はあります。何も操作を受け付けなくなったときは、iPhone 6s/6s Plusの右側面にある電源ボタンと、ホームボタンを同時に10秒以上押し続けましょう。この操作により、iPhoneを強制的に再起動できます。iPhoneがタップなどの操作に反応するときは強制的な再起動ではなく、電源ボタンを長押しして電源オフにする方法をお試しください。 → トラブルに合わせて使い分けたい、iPhoneの「再起動」と「リセット」……

【iPhone】電源が切れない!画面がフリーズして電源オフにできない際の対処方法

iPhoneやiPadを使っていると、突然画面が動かなくなり、操作をうけつけなくなる症状が発生することがあります。これは一般的にフリーズと呼ばれる現象で、その名の通りiPhoneが固まってしまうことを指します。使っている時に突然フリーズすると困るような場合もあるでしょうし、またフリーズした際にどう対処すればよいのか、その対策はないかなどについて全く知らないという方が多いのも事実です。そこでここではiPhoneのフリーズにフォーカスを当ててご紹介いたします。iPhoneがフリーズすると全く操作が出来なくなるため非常に不便ですが、フリーズする原因はいくつかあります。iPhoneは精密機器ですので、衝撃が原因でおこるものや、ソフトウェアの問題によっておこるものなど様々です。最も多いのは、ソフトウェアのバグです。使用しているときに何らかの原因によってバグが発生し、iPhoneがフリーズすることがあ……

使っているときに固まる?iPhoneがフリーズする原因と対策

iPhoneを使っている人の中には、急にiPhoneが動かなくなって困ってしまうことがよくあるという人も多いのではないでしょうか。 iPhoneがフリーズしてしまうのは、故障だけでなくほかにもいろいろな原因があります。そこで、iPhoneがフリーズしてしまう原因と対処法について解説します。iPhoneの電源を入れたときや再起動したときには、Appleロゴの画面が表示されます。この画面が表示される長さは場合によって違いますが、いくら待ってもホーム画面にならないときは、iPhoneがフリーズしている可能性があります。Appleロゴの画面でフリーズする原因としては、落下の衝撃や水に濡れたことによりiPhone本体に何らかの問題が起きていることが考えられます。もしiPhoneを落としたり濡らしたりした心当たりがあるようなら、それが原因の可能性が高いでしょう。また、アップデート直後はiPhoneのソ……

iPhoneが動かない!? フリーズして固まった時の対処法まとめ

iPhoneが固まって動かなくなる。決まったアプリで必ずフリーズする(固まる)といった経験はありませんか?画面が真っ暗になって動かなくなったり、iTunesのマークが出て操作できなくなったりということもあります。昔に比べiPhoneの性能は年々上がっていますが、いまだにiPhoneが固まることは珍しくありません。iPhoneを完全に故障させてしまう前に、iPhoneがフリーズして動かなくなった時の対処方法を知っておきましょう。とりあえずiPhoneを再起動してみましょう。再起動の方法はiPhoneの世代毎に異なります。音量を上げるボタンを押してすぐに放し、音量を下げるボタンを押してすぐに放します。サイドボタンを Apple ロゴが表示されるまで押し続けます。上部のボタン (またはサイドボタン) と音量を下げるボタンを同時に押し、Apple ロゴが表示されるまでそのまま押し続けます。ホームボ……

【iPhoneが強制終了できない】3つの理由と対処方法!

iPhoneが強制終了できないとき、大きく分けて3つの原因が考えられます。対処方法もあわせて解説しますので、まずは何が原因となっているかを確認していきましょう。まずはiPhoneを強制終了する際に利用する、iPhoneの右サイドにあるサイドボタン(電源ボタン)やホームボタンが陥没しているなど、物理的に壊れていないかを確認してください。強制終了ができない理由の多くは、システムの過重負荷が原因であることがよくあります。しかし、画面がフリーズしている状態では確認することが困難です。iPhone内部のパーツが故障していることも考えられるため、パーツ故障の可能性がある場合は、修理の依頼を検討してください。iPhoneの充電が不足している場合も、強制終了はできません。一度充電ケーブルと接続して、iPhoneの充電を始まってから強制終了を試してみましょう。充電ケーブルと接続して数分経過しても充電画面が表……

iPhone8/8 Plusがフリーズしたときの対処法は?

スマホは端末が古くても新しくても、データ処理量や端末のスペック、その他さまざまな要因から、画面が止まったままで動かなくなってしまう、いわゆる「フリーズ」を起こすことがあります。フリーズの問題はどんなに端末が進化しても付きまとうもので、もちろん人気の「iPhone」も例外ではありません。iPhoneがフリーズを起こした場合、例に漏れることなく、復旧するためにはやはり強制的な「再起動」が必要になります。iPhoneであっても、フリーズした場合には強制的に再起動をして復旧しますが、その再起動はどのように行ったらよいのでしょうか。とくにiPhone8/8 Plusユーザーからは、「iPhoneを再起動できない!」といった戸惑いの声をよく聞きます。iPhone8/8 Plusは再起動ができないと誤解されてしまうかもしれませんが、ご安心ください。iPhone8/8 Plusであっても、もちろん強制的に……

iPhoneのリンゴマークのループが治らない!フリーズ時の応急処置・修理方法

「リンゴループ」という言葉をご存知でしょうか? iPhoneユーザーなら、起動時に画面にApple社のロゴマークが表示されるのは見たことがあると思います。 iPhoneの電源を入れる時、または再起動させる時に必ず表示される画面ですが、電源を落とす機会のない方にとってはあまり頻繁に目にする物ではありません。「リンゴループ」とは、iPhoneの起動準備中を示す上記のような画面が繰り返し表示される現象を指して言う不具合の名称です。 非常にフェイタルなエラーで、iPhoneを起動すること自体ができなくなってしまうというエラーの性質上、事前に知っていなければどのように対処して良いのかもわからない厄介な物です。 さらに、多くの場合何の前触れもなく突然起こったように見える不具合の為、遭遇した際は慌ててしまうことの多い症状でもあります。 この記事では、そんな「リンゴループ」が起こってしまう原因や……

iPhone Xsが突然のフリーズやリンゴループ、起動不具合になる原因とその改善策とは iPhone(アイフォン)修理

2018年に前モデルiPhone Xの後継機として登場したのが「iPhone Xs」です。iPhone発売の10周年モデルiPhone Xの主な仕様を引き継いで、さらにパワーアップした「iPhone Xs」ですが、発売して1年以上経ってくると、通常利用でも少なからずいろいろな不具合が起こっています。とくに落としたりぶつけたりしていないのに、電源が入らなくなったり、画面が動かなくなったり、起動時のりんごマークから動かなくなったりといった不具合が突然起こることも少なくありません。今回はそんな起動時の突然の不具合について、原因と対処法についてご紹介したいと思います。iPhone Xsの起動不具合の問い合わせでもっとも一般的で多いのが、「電源が入らない」「起動できない」といった不具合です。iPhone Xsの電源が入らなくなった場合、一番に考えられるのが【内蔵バッテリー】の劣化による不具合です。i……

iPhoneがフリーズしたときに強制的に電源をオフにする方法

iPhoneが言うことを聞かない時は、原因が何であれ、ひとまず再起動するのが問題解決の早道です。でもフリーズしてしまって、いつもの「スライドで電源オフ」が出てこない場合はどうしたらいいでしょうか?ここでは、iPhoneのバージョンごとに、ステップ・バイ・ステップでやり方をご説明します。もちろん、バッテリーが切れるまで待ってもいいのですが、少し時間がかかる場合もあるでしょうし、頻繁にはやれませんよね。新しいバージョンのiPhoneの電源をオフにする基本的なやり方を紹介します。アプリの動きが遅かったり、Wi-Fiが頻繁に切れたりするなど、よくあるたくさんのトラブルを解消できます。iPhoneのボタンは効かないけれど、タッチスクリーンとメニューは反応しているという場合は、この方法を試してみましょう。iOS 11もしくはそれ以前のバージョンの場合は、「画面をロック」を、「スライドで電源オフ」が表示……

iPhoneがフリーズした時に試してほしい事

iPhoneは本来の使い方である電話はもちろんネットやゲーム、書類整理・作業効率化などさまざまな用途に使える非常に高性能なスマホです(^^)/見た目も非常にスタイリッシュでAppleマニアのかたも多いのではないでしょうか…?そんなiPhoneですが、そんなときにいくつか試してほしい事がありますのでご紹介いたします!一番悩まされる事の多い症状がこれではないでしょうか?画面がフリーズしてしまうとホームボタンなどでも復帰ができず、どうすることもできない状態になってしまう事も。そんな時に試してほしいことがあります。大抵の軽い不具合は再起動することで改善します。再起動のやり方は、iPhone6sまでの機種なら、ホームボタンとスリープボタンの同時長押しiPhone7・7Plusはボリューム下ボタンとスリーブボタンの同時押しで強制終了することができます。お使いの機種によってやり方がだいぶ異なりますのでご……

【iPhone6s・7・8・X】強制再起動の方法まとめ

次の新しいiPhoneに期待しつつも、7から全く変えるつもりのないBossanです。最近メチャメチャ暑いですね。。 さて突然ですが、iPhoneの強制再起動の方法が機種ごとに違うってご存知でしたか? いや、機種ごとというより、iPhone7シリーズから変わってきたって言った方が正しいですかね。 後で説明しますが特に8・Xに関しては方法が全然違います。  順を追って書いていきたいと思います。 通常再起動はタッチ操作が必要になりますので、液晶が動かない場合には再起動が出来ないのです。 そんな時に便利なのが、強制再起動です。強制再起動はタッチ操作を行わなくても強制的に再起動をする事が出来ます。 それでは、ようやく本題。 iPhoneの機種ごとの強制再起動の方法を書いていきたいと思います。 なんて可能性もあります。特にiPhone7から8やXに切り替えた人は注意が必要ですね。いかがでしたでしょうか……

iPhoneがフリーズして動かない!電源も切れない?!そんな時の対処法【iPhoneの小技】 iTech

福山市のiPhone修理店、iCracked Store 福山TSUTAYA新涯です(*´꒳`*)今回ご紹介するのは意外と知らない?!お困りの際にはお問い合わせの多い「強制リセット(再起動)」の方法です。iPhoneなどのスマートフォンやタブレットは小さいパソコンのようなものなので本体の故障でなくても突然フリーズして動かなくなることもあります。再起動をするために電源を切ろうとしてもそれもできない…困りますよね(>_……

【iPhone】電源が入らない・フリーズで操作ができない時の対処法!

「子供がiPhoneを使っていますが、電源が入らくなってしまったようです。電源ボタンを長押ししても電源が入らず困っています。何か解決策はありますか?」と質問を受けましたのでお答えします。ちなみに、iPhoneの画面が真っ暗なまま動かない、フリーズして操作ができない、電源が入らない、電源が切れない、充電ができないなどにも対応できる対処法です。しかし、iPhoneの型によって方法が異なりますのでご注意ください。Androidスマートフォンの対処法は、「最短10秒!スマホの電源が入らない・充電できない・フリーズで操作ができない時の対処法!」を確認してください。iPhone が反応しなくなった場合、強制再起動させることができます。ちなみに、iPhone 6s以前ではホームボタンと電源ボタンの長押しで簡単に強制再起動ができますが、iPhone X以降はホームボタンが搭載されていません。しかし、ちょっ……

【重要】iPhone6がフリーズした時の再起動方法と対処法 Apple

今回は、【iPhone6がフリーズした時の再起動方法と対処法】を紹介していきます。アプリなどをいれていくとiPhone6が重くなってしまいメモリ不足など色々な原因で動作がカクカクなったりすることがあり、ひどい時には「フリーズ」してしまう時がありますよね。iPhone6も含めiPhoneはいってしまえば小さなパソコンです。 ガラケーと同じかと言えば全く違う物ということになります。なので、パソコンと同様にずっとつけっぱなしにしておくとあまりよくないという話もありますよね? たまには、電源を落として再起動させておいた方がいいかと思います。今回はそんな時に使える再起動方法や再起動してもiPhone6が不安定だなという時の対処法を紹介していこうと思います。これって、ずっとつかっていくと必ずおちいってしまうものだと思います。僕も最近重くなってきたなと感じる事もしばしば。 フリーズしたことは一度だ……

【豆知識】iPhoneを10秒で強制終了&再起動する方法

iPhone(アイフォン)即日修理対応のダイワンテレコム松戸店です。iPhoneを使っていると・お風呂やトイレなどにiPhoneを落として動作が不安定になるなどの症状が突然起きて生活に支障をきたしてしまうケースがあります。今回はそのような緊急自体でお困りのあなたに有効なiPhoneの強制再起動と強制終了の手順をサクッとご紹介します。iPhoneを動かすソフトウェアであるiOS(アイオーエス)の不具合や一時的なアプリのクラッシュなど、様々な要因でiPhoneの画面が突然固まってしまいタッチしても反応しない時は「強制再起動」ですぐに直る場合があります。※何度も再起動を繰り返すと二次故障に繋がる可能性があるのでご注意ください。1:本体左側面の音量を上げるボタンを押してすぐに放す2:本体左側面の音量を下げるボタンを押してすぐに放す3:本体右側面の電源ボタンを長押しする4:電源が切れて再度リンゴマー……

リンゴループになった際の対処法【修理スタッフ体験談】

ダイワンテレコム渋谷道玄坂店です!つい先日、それは隣駅の方に出かけていた時のことです。今まで問題なくiPhoneを使っていました、夕方までは・・・。待ち時間が長く、iPhoneでアプリを開き時間を潰していましたがモバイルバッテリーを忘れるという痛恨のミスをしてしまいあっという間に充電してくださいのマークに・・・。本当ならそこまでやらなければいい話だったんですが、出かけた時点でしっかり充電しなかったこともあり私のiPhoneは真っ暗に。そこまでは良かったんです!あ、いつものかとあまり気にしていなかったのが悪かったのか、容量が一杯だったのが悪かったのか、帰宅し充電をしてみると画面にはアップルマークが。この時もまだ気が付けなったのでしょう・・・。少ししてようやく違和感に気づきました。・・・あれ?さっきからずっとアップルマークだ再起動を試します・・・。駄目でした。少し焦って来ました、きっと充電して……

iPhoneを再起動・強制終了する方法 できない時の原因と対策

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。iPhoneを使用していると稀に動きが鈍くなる、または画面が固まってしまうことがあります。このような状態を「フリーズ」と言い、基本的な解消法は「再起動」「強制終了」の2択が一般的になります。これらを行うにあたって、1つ複雑な点があります。それは、機種によって「再起動」「強制終了」の方法が異なるという点です!そこで、この記事では各機種それぞれの「再起動」「強制終了」の方法を紹介していきます。正しい解消法を理解することで、iPhoneのデータを損傷せずに守ることができます!フリーズの原因と対策も加え、解説していきますので参考にしてみてください。「フリーズ」の原因は、iOSやバッテリーなど様々なことが考えられます。所持している機種の確認をし、慌てずに以下の手順を行なってく……

iPhoneの画面が真っ暗になりくるくるアイコンが回ったまま操作できなくなった場合の対処法 Time to live

iPhoneを使っていて突然画面がフリーズし、画面が真っ暗になりくるくるアイコンが回ったまま操作できなくなるという状態に陥りました。ホームボタンも効かず、電源ボタン長押しによる再起動メニューも出ない状態だったため、仕方なく強制再起動することにしました。「音量を上げるボタン」を押して、すぐに放します。「音量を下げるボタン」を押してすぐに放してから、Apple ロゴが表示されるまで「サイドボタン」を押し続けます。 iPhone 7では「電源ボタン(スリープ/スリープ解除ボタン)」と「音量を下げるボタン」を同時に押し続け、Appleロゴが表示されたら放します。 「電源ボタン(スリープ/スリープ解除ボタン)」と「ホームボタン」を同時に押し続け、Appleロゴが表示されたら放します。 今回は強制再起動することで無事に解決しました電源ボタンが効く状態であれば、まずは「スライドで電源オフ」してから再起動……

iPhoneがリンゴループになったら試したい対処法5つ──スマホスピタル新橋はリンゴループも直します iPhone(アイフォン)修理

リンゴループとは、iPhoneやiPadなどのApple社製品で起こる不具合のことを言います。画面にリンゴのロゴが表示されたまま動かなくなるため、突然スマートフォンやタブレットが使用できなくなります。また、リンゴのマークから読み込み中を示す歯車が表示され、急に再起動したあとまたリンゴマークで止まる、などのケースもあります。延々と繰り返すことから「リンゴループ」と呼ばれており、さまざまな要因で発生するため原因の特定が難しいのも特徴です。そこで今回は、リンゴループの症状が現れる原因について確認しながら、自分でできる対処方法をご紹介します。リンゴループが発生する原因はいくつかあります。ここでは、リンゴループの原因となることが多い4つのパターンについて紹介します。iOSのアップデートに失敗すると、リンゴループが発生する可能性があります。アップデートの最中に電池が切れてしまう、Wi-Fiなどの通信が……

平均ユーザー評価

4.7 / 5

カテゴリ